テキーラサンライズ_003
写真出典 https://macaro-ni.jp/

こんにちは、Anejo(アネホ)です。

いかにも甘そうな、おいしそうなカクテルでしょ?
これはまるでジュースのような甘~いカクテル、『テキーラサンライズ』の画像ですが、色んな楽しみ方があるのでご紹介します。


テキーラサンライズとは?

テキーラサンライズ_002

『オレンジ・ジュース』を朝焼けの空、グラスの底に沈んだ赤い色の『グレナデン・シロップ』を日の出の太陽に見立てて命名されたと言われている、テキーラ・ベースのカクテルです。

ベースになるテキーラの度数は 40%なため、いくらオレンジ・ジュースで薄めたとはいえ、一般的なレシピで作った場合の度数はだいたい、12% ~ 18% なので、飲みやすいからと言って『グビグビ』飲んでしまうと、後から『ドカンッ!』と酔いが回ってくるのでご注意を~!

さてこの『テキーラ・サンライズ』、元々はメキシコのマイナーなカクテルだったそうですが、ローリング・ストーンズのボーカル、ミック・ジャガーが、1972年のメキシコ公演の時に出会って大変気に入り、『メキシコ滞在中にかなり飲んだ』と報じられてから、その存在が知られるようになったそうです。
(ミックもこの頃はかなり飲んだらしいですね。笑)

また、その年に発表された、イーグルスの 2nd アルバム『Desperado(ならず者)』にも、このカクテルをタイトルにした曲が収録されたり、その後1989年メル・ギブソン主演映画のタイトルになったりで、更に知名度が上がっていきました。


テキーラサンライズの酒言葉

詳しいレシピについては後述しますが、テキーラサンライズは、テキーラとオレンジジュース、グレナデン・シロップで作られるカクテルなのは上で述べた通り。

『サンライズ』は朝焼けを意味しますが、オレンジを『朝焼けの空』、底に沈んでるグレナデン・シロップの赤を『日の出の太陽』に見立て、この朝焼けの空のような色合いから転じて、酒言葉は『熱烈な恋』になっています。

こんな事、お酒の席でのネタに使ったり、意中の人に『ここぞ』という告白のタイミングで使ってみたいカクテルですね。


テキーラサンライズの種類

一口に『テキーラサンライズ』と言っても、ベースとなる『テキーラ』自体、色んな銘柄・熟成度合いが有るし、さらに言えば、カクテルだから色んな楽しみ方が有ってもいいワケだし、実際に奥深いものなんです。

ただ、オレンジ・ジュースやグレナデン・シロップと合わせるので、それら柑橘系の味と打ち消し合うようなテイストのテキーラはあまり向いてません。

ズバリ言うと、熟成度合いがかなり進んだ Anejo(アネホ)より若い方が良いと思います。
(Anejo は、カクテルでなくストレートでじっくり味わう方がイイです)

また単純に、

◆ 甘みの少ない銘柄の場合は少し熟成の進んだ Reposado(レポサド)
◆ 甘みの多い銘柄の場合はあまり熟成されてない Blanco(ブランコ)

という分け方もアリですが、オレンジ・ジュースやグレナデン・シロップとの相性によっては、

「甘みの多い銘柄でも Reposado(レポサド)の方が、より味わい深くなって良い!」

という場合もあるので、色々な銘柄や熟成度合いを試してみるといいですね。


テキーラサンライズにオススメの銘柄

とはいえ、何も知らない人にとって、いきなり

「何種類ものテキーラを買え」

とは言えないので、何種類かオススメの銘柄を紹介します。
(ただし個人的な好みなので、必ずしもマネして間違いないとは言い切れませんが)


サウザ ブルー

Sauza Blue

原材料がアガベ 100% の、いわゆる『プレミアム・テキーラ』は通常値が張るものなんですが、この『サウザ ブルー』はなんと ¥2,000 でお釣りが来てしまうお値段!

この『サウザ ブルー』自体、原材料のアガベ由来のフローラルな香味や柑橘系の豊かな味わいなど、テキーラらしいバランスのとれた味わいなので、オレンジ・ジュースやグレナデン・シロップとの相性もバツグン。

◆ サウザ ブルー:1/4
◆ オレンジ・ジュース:3/4
◆ グレナデン・シロップ:2tsp
(入門者や甘めが好きな方向け)

◆ サウザ ブルー:1/3
◆ オレンジ・ジュース:2/3
◆ グレナデン・シロップ:2tsp
(テキーラの味を楽しみたい方向け)

まずはコスパの良いこの『サウザ ブルー』で、以上の 2種類の濃さで試してみてください。


ホセ・クエルボ・エスペシャル・シルバー

Jose Cuervo Especial Silver

ホセ・クエルボ社は、創業200年以上の歴史を誇る、伝統と信頼の高い銘柄として知られており、テキーラの代名詞的存在として世界的に認知されています。

そしてこの『ホセ・クエルボ・エスペシャル・シルバー』も『サウザ ブルー』と同様、原材料がアガベ 100% の、いわゆる『プレミアム・テキーラ』なのに ¥2,000 でお釣りが来るお値段。

しかも、こちらは熟成原酒を一切使ってないので、原材料のアガベの新鮮な甘さと、スッキリとした口当たりが特徴です。

シルバーにしては尖った部分が無く非常に飲みやすく、甘さを楽しめることで人気があります。

あまり自己主張の強くないお酒(美味しくないという意味ではない)なので、オレンジ・ジュースやグレナデン・シロップの味とケンカしません。

◆ ホセ・クエルボ・エスペシャル・シルバー:1/3
◆ オレンジ・ジュース:2/3
◆ グレナデン・シロップ:2tsp

ベースとなるテキーラの『サッパリ感』を活かすため、オレンジ・ジュースも少なめが良いかな?と思います。


オルメカ ブランコ

Olmeca Blanco

オルメカ社の社名は、メキシコ最古の古代文明に因んで名付けられ、欧米で非常に人気が高いです。

この『オルメカ ブランコ』は、特に『カクテルベースのテキーラ』として非常に人気のあるプレミアムテキーラで、お値段も ¥2,000 チョットと、コストパフォーマンスに非常に優れています。

お酒自体は、豊かで複雑な香りを堪能できます。

新鮮で、スパイシー、柑橘系の香りまでもほのかに感じることができ、膨らみの有る柔らかい甘みと、甘酸っぱいような風味で比較的サッパリとした口当たりになっています。

ですから、もちろんカクテルベースにもオススメですが、コレだけで『オン・ザ・ロック』でも充分楽しめますね。

◆ オルメカ ブランコ:1/4
◆ オレンジ・ジュース:3/4
◆ グレナデン・シロップ:2tsp
(入門者や甘めが好きな方向け)

◆ オルメカ ブランコ:1/3
◆ オレンジ・ジュース:2/3
◆ グレナデン・シロップ:2tsp
(テキーラの味を楽しみたい方向け)

また、オルメカに限らず、若い『ブランコ』で試してみて、

「もっと深みのある味が欲しい」

と思ったら、少し熟成の進んだ『レポサド』も試してみてください。


レシピ(作り方一覧)

まず、上で述べた 3つの材料、テキーラ、オレンジ・ジュース、グレナデン・シロップを用意します。


一般的なテキーラサンライズの作り方

  1. 氷を入れたグラス(縦長のがオススメ)にテキーラを注ぐ
  2. オレンジ・ジュースを注ぐ
  3. よくかき混ぜる
  4. グラスにストローを挿し込む
  5. グレナデン・シロップをグラスの壁を這わせるように注ぐ

具体的には動画を参考にすると良いでしょう。

最後にオレンジを浮かべるのもオシャレですよね。


スノースタイルでオシャレにしたテキーラサンライズ

また、グラスの縁に塩をまぶした『スノースタイル』というのもオシャレですよね。

同じくテキーラを使ったカクテルの『マルガリータ』では普通にやられてるのに、『テキーラサンライズ』ではあまり見かけませんね。

でも、

「やっちゃダメ!」

と言うものでもないので、やってみたい方は『マルガリータ』ですが、この動画を参考にすると良いでしょう。

ポイントは、グラスの縁にあまり塩を付けすぎると『ヤボ』になるので、適度にする事ですね。

実を言うと、『マルガリータ』は私がテキーラにハマったキッカケとなったカクテルです。

メキシコに行った時、現地の人に

「メキシコらしいお酒を飲みたい」

と言ったら、

「テキーラだね、でも今日は暑かったからマルガリータを飲んでみな」

と勧められたのがキッカケ。

「美味しいね~!材料はテキーラ?」

といった感じ聞くと、

「そうだけど、色々あるんだよ」

と言われて、同じ銘柄で熟成度合いの違う 3種類をそれぞれショットで飲んでみて。。。


マルガリータとテキーラサンライズ、どっちがヤバい?

基本的に、どっちのカクテルもテキーラをベースにしてる所は同じですが、ジュースとお酒の比率で考えると、マルガリータの方が圧倒的にヤバいですね。

マルガリータ(全体の 3/4 がお酒、しかもテキーラが半分入ってる)
◆ テキーラ:1/2
◆ 果実系リキュール:1/4
◆ 柑橘系ジュース:1/4

テキーラサンライズ(全体の 1/3 がお酒:テキーラ)
◆ テキーラ:1/3
◆ オレンジ・ジュース:2/3
◆ グレナデン・シロップ:2tsp

メキシコで飲んでたのは、『フローズン・マルガリータ』と言って、けっこうデカいグラスいっぱいに入ってたシャーベット状のお酒でした。

美味しくて 3杯ぐらい飲んじゃいましたよ。苦笑


まとめ

テキーラサンライズは

◆ 元々はマイナーなカクテルだった
◆ ローリング・ストーンズやイーグルス、映画などによりメジャーになった
◆ 材料は、テキーラ、オレンジ・ジュース、グレナデン・シロップ

◆ テキーラは全体の 25% ~ 30% を占めるため、度数は 12% ~ 18% と、けっこう高い
◆ マルガリータよりはキツくない

とはいえ、調子に乗って『グビグビ』飲んでると、後になって効いてくるので、気をつけること。


この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです。