Fuji WiFi_002
こんにちは、Anejo(アネホ)です。

最近、カフェで仕事してることが多いんですが、スタバみたいに WiFi 完備という所がまだ少なくて、ポケット Wifi を愛用してます。

スタバのコーヒーも好きなんですが、糖分が多くてチョット。。。笑

ということで、私のお気に入りのポケット Wifi を紹介させていただきます。

【注】
ポケット WiFi とは本来ワイモバイルの商標ですが、この記事では便宜的に『モバイル WiFi ルーター』=『ポケット WiFi』として解説していきます。


Fuji WiFi って知ってる?

Fuji WiFi_001もしかしたら聞きなれないかもしれませんが、『株式会社レグルス』という会社が提供してる WiFi サービスです。

色々手広く仕事してるんで、扱うデータ量もある程度要りますし、かといって一日中家の中に閉じこもってるのは不健康なので、外に出掛けて仕事してます。

そういう訳で、ある一定以上のデータ使用量がカバー出来て、しかも安い!っていうのを探してました。

Fuji WiFi はこのサービスをけっこう前からやってますが、最近ではデータ通信量が無制限のポケット WiFi ということで、ネットや YouTuber を中心に割と話題になっているレンタル WiFi サービスです。

しかも、通信量制限のあるドコモやソフトバンクに比べると格安なので、おススメと言っていいかも。

しかもルーターはレンタルなんで、購入するお金も要らないです!

って事で、まずは、4G/LTE 回線での場合で Fuji WiFi がどんだけドコモやソフトバンクよりイケてるか、ご説明しましょう。


データ通信量が無制限

Fuji WiFi_003_unlimited
まず最初に、大手通信キャリアのドコモとソフトバンクのポケット WiFi には、無制限のプランがありません。

制限枠を超えると通信速度が落ちてしまうので、結果的に追加料金を払ってデータを買うことになりますが、いちいちそんな事やってると、あっという間に¥10,000を超える追加料金に達してしまいます。

なので、これらは却下でした。

私の知る限り、4G/LTE 回線のポケット WiFi サービスで、データ通信量が無制限のものは、今のところ Fuji WiFi と Nozomi WiFi しかありません。

なお、使っているのはソフトバンク回線なので、そのエリア内での使用、というのが条件にはなりますが。。。


本家のソフトバンクのサービスさえ無制限ではない

ソフトバンクには『4G/LTE データし放題フラット』という、聞こえの良いサービスプランがありますが、これはチョット意味不明。

というのも、『データし放題』なクセに、実は 1ヶ月に 7GBまでという制限があって、月内に 7GBを超えると、通信速度が 128Kbpsまで落ち込んでしまいます。


Fuji WiFi はホントに無制限?

本家のソフトバンクが無制限じゃないのに、それを使ってる Fuji WiFi はホントに無制限なのか?

実は、月内に 300GBぐらい使うと、ソフトバンク側が「異常にデータ通信してる」と判断して通信速度を落としてしまうという、ウワサがあります。

実際、ネット上でも「通信速度が落ちた」と言った話が出てるのでホントなんでしょうね。
(ちなみに私は同じ Fuji WiFi でも後に紹介する他のプランを使ってるので、実害に遭ったことは無いです)

ただ、それじゃ『無制限』と謳ってるのはウソになるということで、制限が掛かった際には Fuji Wifi に問い合わせると、制限の掛かってしまったルーターと引き換えに、別のルーターを送ってくれるという事です。

なるほどそういう『カラクリ』で無制限と言うのか~!って事ですね。笑

で、気になる料金ですが、『ホントの無制限』で月額 ¥6,000です。


200GBのサービスもある

Fuji WiFi_004_200GB
さて、無制限でないけど、タップリ使いたい人には、これもソフトバンクの回線を使ってますが、月内 200GBまで使えるプランが用意されてます。

繰り返し言いますが、本家のソフトバンクの『4G/LTE データし放題フラット』が 7GBまでですからね!


100GB、50GB、25GB、10GBという設定もある

ソフトバンクのサービスの『4G/LTE データし放題フラット』の料金は月額¥3,696ですが、Fuji WiFi は他にも、100GB、50GB、25GB、10GBという設定もあるんです。

Fuji WiFi_005_100GB
100GBでほぼ同等の料金!ソフトバンクは 7GB。

Fuji WiFi_006_50GB
50GBなら少し安いかな~!しかもソフトバンクは 7GBまで。笑
Fuji WiFi_007_25GB
25GBだと圧倒的に安いぞ~!こうなると、こっちの方が断然お得!
Fuji WiFi_008_10GB
10GBと言えば、ソフトバンクのサービスよりまだチョット多い通信量なのに、圧倒的な安さですね。

といった感じで、かなり『お得』です。


Nozomi WiFi

でもチョット待ってくださいよ~!

「 今まで一所懸命読んできたのにナンダ!」と言われそうですが、もしソフトバンク回線を使った 4G/LTE でのポケット WiFi を探してるんでしたら、『Nozomi WiFi』の方がおススメです。

サービス体系は Fuji WiFi とほぼ同じです。

ただ、『無制限』のプランだけはチョット違ってて、こちらはクラウドSIMという形式を使ってるところが新しいです。

Fuji WiFi の場合は、事実上の制限枠を超えると、プロバイダーに連絡して新しいルーターを送ってもらうため、それを受け取るまでは激遅の通信速度を我慢してないといけません。

それに対して Nozomi WiFi は、SIM がクラウド上にあるため、制限枠を超えそうになると、自動的に他の SIM に変えてくれるので、事実上『無制限』というサービスが続けられます。

ルーターが届くのを待つ必要も無く、ルーター交換の手間もいらないんですから、こっちの方が良くないですか?

しかも、実は Fuji WiFi より安いんです!

以前は Fuji WiFi も安かったんですが、2度も値上げしちゃって、今や¥6,000ですし、今後も値上がりしないという保障も無いですからね。。。

逆に Nzomi WiFi は無制限のプランが激安の¥4,480、しかも今だとキャンペーン中で¥3,480ですから、この機を見逃さない手は無いですね!

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓ ↓


Fuji WiFi には WiMAX のレンタルもある

と、今まではソフトバンク回線を使ったサービスプランでしたが、Fuji WiFi では WiMAX も扱ってて、実はこっち『が』凄いんです。


WiMAX とは?

KDDI グループの UQ コミュニケーションズという会社がサービスを提供しています。

簡単に言うと、『無線のインターネット』なワケで、以前から携帯電話の 3G や LTE と比較されてきましたが、WiMAX は通話することが出来ない、完全にインターネット専用のサービスですが、その分、通信速度は 4G/LTE より圧倒的に速いです。

そして今現在(2018年6月18日)、UQ が提供する WiMAX の方だと、実はデータ使用量無制限のサービスがけっこう有るんです。

  • ラクーポン
  • Broad WiMAX
  • GMO
  • BIGLOBE
  • so-net
  • UQ
  • Fuji WiFi

まだあったかな?笑
で、これらどのプロバイダーでも、基本的には月額料金に極端な差は無いですが、やっぱり『最安値』とか『お得』なサービスを選びたいところですね。

どこも申し込み月の料金はメチャクチャ安くて、ラクーポンなんて¥2,312です。(ただし、初回事務手数料¥5,312が別途かかるので、実質他より高い)

でもその翌月から翌々月までが¥2,996、その次の月から¥4,304、そして 25ヶ月目以降になると¥5,312と、グングン上がってしまいます。

そして、意外と盲点になってるんですが、解約するときにかかる『違約金』の有無に関しても気をつけないといけません。


Broad WiMAX の例

いまあっちこっちで「Broad WiMAX 一択でしょ!」みたいに言われてますが、ホントにお得なんでしょうか?

確かに初月~ 2ヶ月間は¥2,726ですが、その翌月から¥3,441、2年後以降は¥4,011になってしまいます。

気に入って使ってきたのに、料金が段々上がってくるというのも、「なんかな~?」と思うのは私だけでしょうか。

そして問題になるのが解約時、最大で¥19,000 の違約金が請求されます。

これをゼロにする方法もありますが、例えば 2年契約の場合、25ヶ月目に解約すればゼロ、そして次の違約金ゼロのチャンスは 49ヶ月目です。

特に最初の 1年の間に解約すると¥19,000なので、メチャクチャ痛いですよね。

まぁ、『何か不満があって他のプロバイダーに乗り換える』という条件で手続きをすれば、違約金を請求されないで済むそうですが、単純に解約する場合はこの限りではないので念のため。

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓ ↓


GMO の場合

どういう訳か、「GMO イチオシ!」みたいな記事はあまり見かけないですが、Broad WiMAX よりお得に出来ます。

特に、auを使ってるユーザーにはかなりお得なサービスプロバイダーですね。

とはいえ、初月~ 2ヶ月間は¥2,170(初回事務手数料¥3,000は別途)ですが、その翌月から¥3,344、2年後以降は¥4,263になります。

そして解約時の違約金は、ここも最大で¥19,000です。

内訳は最初の 1年の間に解約したときは¥19,000、その翌年からは¥14,000、そのまた翌年以降¥9,500です。

そして、不満があっても Broad WiMAX みたいにな、違約金ゼロにしてもらえるサービスは有りません。

ただし、最初の 20日間試してみて不満があれば違約金無しで解約出来るので、その期間に今後使い続けるか検討する事が出来ます。

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓ ↓


Fuji WiFi のここがいい!

まず、

  • 初回事務手数料が¥2,000。
  • 次に、料金がずっと一定で、¥2,980。
  • そして、違約金が請求されない。

つまり、モバイルしなくなったら(ってそんな事あんのか?笑)という場合でも、いつでも違約金の心配が要らないで、月々一定の¥2,980でモバイルライフが楽しめるということです。


Fuji WiFi は、WiMAX2+ が 2プラン

Fuji WiFi_008_WiMAX
実は、私が使ってるのはこっちのプラン。

ちなみに『WiMAX2+』っていうのは、簡単に言うと普通の『WiMAX』の高速バージョンです。

左の方は月額¥2,980、右は月額¥980なので、右がオトク?と思いがちですが、初期費用が全然違うのでご用心。

左が初期費用¥2,000で月額¥2,980なのに対し、右が初期費用¥39,800で 2年間月額¥980という話です。

間違いなく 2年間使うのであればお得なプランと言えますが、今後ホントに 2年間使い続けるか?といった所が大事ですね。

ちなみに、私は左側の月額¥2,980のプランにしました。

4G/LTE ではおススメしませんが、WiMAX ならイチオシです。

詳しくはこちら → 【FUJIWifi】


WiMAX はいいとこだらけ?

ところがこの『WiMAX』にはチョットしたデメリットがあります。


3日内で 10GBまでという縛り

いくら無制限と言っても、それは月内で使ったトータルのデータ量というだけで、実は UQの提供している WiMAX では、どのプロバイダーでも避けて通れない、『3日内のデータ使用量は 10GBまで』という縛りがあります。

そして、10GBを超えると極端に通信速度が落ちてしまうので、毎日のデータ通信量を自身でコントロールする必要があるということです。

なお、プロバイダーによっては、10GBではなく 3GBのところもあるので、事前に確認したおく必要もあります。

ただし、3日間で 10GBの通信量の制限を超えても、『制限がかかるのは翌日 18時から翌々日 2時まで』といった、一般的なビジネスシーンの利用時間では制限を掛けない、といった点については評価できますね。


10GB って、そもそもどんな数字?

1日のデータ使用量なんて、それこそ個人差が大きすぎて 10GBで果たして足りるか?なんて言えたもんではありませんが、具体的にどの程度なんでしょう?

まず、高画質動画をよく観る人だと、この数字は「アッ」という間に到達してしまうので要注意です。

また、フレッツ光などの有線通信を自宅に導入してるか、いないか?という条件でもかなり違ってきます。

なので参考程度にしかなりませんが、私の場合は有線有りで、ほぼ毎日出掛け、午前中はポケット WiFi でお気に入りのカフェで仕事、お昼は近所のファミレスで済ませ、またカフェに戻って午後も仕事、といったパターンで、8時間くらい使ってます。

仕事では動画を扱ったりブログ書いたりしてる程度なので、1日多くて 2GB程度です。

普段車で移動するんですが、たまに電車に乗るとき、待ち時間とか電車内で動画を観ても 3GBを超えたことはありません。

あくまで私の場合であって、より高画質な動画をより長時間観る人の場合はもっと使ってしまう事も有り得ますが。。。


場所によって通信速度が変わる!

これも WiMAX が直線的な電波を使ってる特性上、致し方ないことなんですが、建物の内側に入ると、極端に速度が落ちます。

なので、カフェでももっぱら屋外のテーブルでの使用が多いです。

まぁ、建物の中でも、窓側ならかなりイケますが、窓の小さい部屋の内部なんかだとかなり悲惨です。

それから、山間部など、田舎になるとサービスエリア外になってしまうので、主に使う場所がサービスエリア内かどうかは事前に調べる必要があります。

エリア外の場合、もしくは部屋の内側での使用の場合は残念ですが、4G/LTE 回線を使ったプランを選ぶしかないですね。

4G/LTE のサービスエリア → https://www.softbank.jp/mobile/network/area/

WiMAX のサービスエリア → https://www.uqwimax.jp/area/wimax/


まとめ

インターネットがこれだけ普及した時代に、いつでもどこでもデータ使用量の不安無く安心して端末を使いたいのに、良さ気なサービスはそれほど無いという事がおわかりいただけたでしょうか?

まず条件として、ご自身がネットに繋ぐ場所が、

  • WiMAX でカバーしてるエリアなのか?
  • 4G/LTE じゃないとカバーしてないのか?

のどちらかで選ぶ必要があります。


WiMAX のカバーエリアの場合

◆ 3年は続けて使うだろう、違約金¥9,500は平気でしたら、
GMO の WiMAX がおススメ。


端末の性能差が快適さに直結するので、最新型の端末というのも嬉しいですね。

◆ 解約理由が確実に乗り換えでしたら、
Broad WiMAX がいいかも?ですが、月々の料金が。。。苦笑

ただ、違約金の額は他のプロバイダーでもバカに出来ない額なので、これも選択肢としてはアリですね。

◆ 違約金ナシ、月料金も¥2,980で一定という安心感がイイでしたら、
Fuji WiFi の WiMAX が超おススメ!


これは私が受けてるサービスですが、1年以上使ってると他の料金よりお得になってくるのが嬉しいですね。


WiMAX のエリア外の場合

◆ この場合は WiMAX より通信速度の遅い 4G/LTE しか選択の余地は無く、
Nozomi WiFi しかおススメ出来ないですね。


もうひとつのプロバイダー、Fuji WiFi と比べると、無制限プランは圧倒的に安く、他のプランはチョット安い、って感じです。

借りれるルーターも、こっちの方が新しいみたいですし、性能的にもこっちの勝ちでしょう。

しかし最大のメリットは、無制限プランでもクラウド SIM のおかげで制限枠を超えて、一時的にでも速度が遅くなるのを我慢する必要が無い、といったところですね。


このように、一概に「コレが絶対おススメ!」なんて言えるもんではなく、人それぞれの環境や優先する事によって最適なプロバイダーが違ってきます。

ただ、それぞれの条件別に「これはおススメだな~♪」と思えるものを紹介してきましたので、お好みに合ったサービス・プランを選んでみてはいかがでしょうか?


もしよろしかったらコメントもお寄せください、今後の記事執筆に活かしていきたいと思います!


この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです。