土屋太鳳_017
写真出典 https://pbs.twimg.com/

こんにちは、Anejo(アネホ)です。

キレイですよね。。。キレイに写るアングル、知ってますね~!

2005年にデビューしてから 5年、けっこう苦戦してましたが、やっと2011年から『ブレーク』の予感がしてきた土屋太鳳さん。

そんな彼女について、プロフィール、2011年に出演したドラマ・映画などを、今更なんですが調べてみました。


土屋太鳳のプロフィール

今となっては人気者で、多分知らない人は居ないと思いますが、『仮に』彼女をご存じない方が居らっしゃった場合のために、いちおう、大まかなプロフィールを紹介させていただきます。

もしもっと詳細を知りたい方はこちらをどうぞ!

→ 【土屋太鳳のプロフィール詳細 を見る】

職業 女優
本名 土屋太鳳
生年月日 1995年2月3日
出身地 東京都 世田谷区
身長 155cm
体重 39kg(13歳時)→ 46kg(『まれ』撮影時) → 44kg(?)
血液型 O型
趣味 読書、映画鑑賞、音楽鑑賞、スポーツ、映画館に一日いること、空の写真を撮ること

経歴 2011年(16歳)

次に経歴に行きましょう。


ドラマ『犬飼さんちの犬』(3月4日 ~ 4月8日、AMGエンタテインメント)

犬飼さんちの犬
写真出典 https://iwiz-movies.c.yimg.jp/

このドラマの第8話(最終話)で、鳥ヶ崎店の店長、蓮田喜一郎(池田鉄洋)の娘、蓮田ルミ役を演じてます。

あらすじ

48歳の会社員で、離島で単身赴任をしている犬飼保(小日向文世)は、苗字が『犬飼』なのに、大の犬嫌い。

彼の勤めるスーパー『バスコダガマ』の鳥ヶ崎支店では、島特産の鳥待草で石鹸を作り『島石鹸』という名で全国で販売し始め、好評を博していました。

ところが、管理を任された鳥ヶ崎店の店長、蓮田喜一郎(池田鉄洋)が原材料を水増しして生産をしていたため、客からのクレームが殺到します。

そのクレーム処理のため、保と部下の鳥飼カエデ(木南晴夏)は東京本社に出張になりました。
(1年振りに家族に会えるので、保は大喜び)

ところが、久しぶりに東京の我が家に帰ってきた保は、そこで真っ白なサモエド犬、サモンと出会う。

家族は保に内緒で犬を飼い始めていたのだった。。。

視聴サービスアフィリ_020


連続テレビ小説『おひさま』(4月4日 ~ 10月1日、NHK)

おひさま
写真出典 http://www.dousin.co.jp/

須藤陽子(井上真央)が最初に受け持った教え子の一人で、第19週 ~ 第25週(8月13日 ~ 9月23日)に登場する、木村ハナ役を演じてます。

あらすじ

東京で冴えない主婦生活を送る原口房子(斉藤由貴)は、ある日気まぐれに、長野県安曇野を訪れるも、運転していた車がそば畑で脱輪してしまいます。

助けを求め田舎を彷徨っているうちに、『百白花』と言う名の店が目に留まり立ち寄ってみると、素敵な雰囲気を持つ店主の老女、陽子(若尾文子)に出会います。

そして房子は陽子に興味を持ち、彼女が語る半生を聞くこととなります。

1932年、10歳の陽子(八木優希)は、病弱な母(原田知世)との生活のため、東京から長野県安曇野に一家で移り住み、余命僅かな母から「周囲の人を照らす太陽のような存在であるべき」と、これからの女性の生き方を教わるが、母は翌年に亡くなってしまいます。。。

視聴サービスアフィリ_020


ドラマ『鈴木先生』(4月25日 ~ 6月27日、テレビ東京)

ドラマ鈴木先生
写真出典 http://blog-imgs-37.fc2.com/

このドラマでとうとうレギュラーの座を獲得!

優等生で神秘的な魅力も併せ持ち、男子生徒がこっそりファンクラブを作るほど人気があり、鈴木先生(長谷川博己)の理想の教室に必要な、キーパーソンとなる2年A組の女子生徒、小川蘇美(おがわそみ)役を演じてます。

あらすじ

生霊を飛ばすことが出来る能力を持つ鈴木麻美(臼井あさ美)と『できちゃった結婚』をした鈴木先生は、克服したはずの『小川病』が再発。

家庭と身重の妻を守るため、一刻も早い『小川病』の克服を心に誓ったのでした。

一方、鈴木先生が担任をしている2年A組では、生徒会選挙への立候補者選びをしていた。
中村加菜(未来穂香)が生徒会長に、加菜の誘いで小川蘇美(土屋太鳳)が書記に立候補することが決まる。

男子生徒の藤山高志(桑代貴明)も副会長に立候補するが、出水正(北村匠海)岬勇気(西井幸人)といった友人たちは藤山を「裏切り者」と呼び、仲違いしてしまいます。。。

視聴サービスアフィリ_020


ドラマ『桜蘭高校ホスト部』(7月22日 ~ 9月30日、TBS系)

桜蘭高校ホスト部
写真出典 http://www.tbs.co.jp/

このドラマでは、第4・6話(8月12日・26日)、鳳鏡夜(大東俊介)に会うために遥々フランスからやって来た宝積寺れんげ役を演じてます。

あらすじ

藤岡ハルヒ(川口春奈)は日本有数のセレブ学校『桜蘭高校』に入学。

そして静かに勉強できそうな場所を探している最中、第3音楽室を見つけ、そこに入ってみると、そこは桜蘭高校の『ホスト部』でした。

そこに居合わせた生徒たちにホスト部に来た客と間違えられ、慌てて後ずさりした際、飾ってあった花瓶に当たってしまい、落として割ってしまいます。

ハルヒは思わず「弁償します」と言いますが、花瓶の値段はなんと、800万円。
1週間の生活費が1万円の貧乏なハルヒには、そんな大金が払えるはずがありません。

すると、ホスト部の須王環(山本裕典)がハルヒに、ホスト部の犬になるよう命じ、ハルヒは桜蘭高校ホスト部で雑用係をすることになってしまいます。

ある日、買い出しに行かされたハルヒは、インスタントコーヒーを買ってきます。

するとお金持ちの環らは、「これが庶民のコーヒーか!」と興味をもち、ホスト部に来ていた女の子にも珍しいインスタントコーヒーを振る舞う。

その後、環は、ハルヒから夜勤をしている父親が寝ているので家では勉強出来ないので、落ち着いて勉強出来る場所を探しているうちに第3音楽室を見つけた事や、母親は10年前に病気で死んだことを聞く。

その話を聞いた環は、「ホストになり、指名を100人集めれば、800万円の借金はチャラにしてやろう」というのでした。。。


映画『日輪の遺産』(8月27日公開、角川)

日輪の遺産
写真出典 https://iwiz-movies.c.yimg.jp/

この映画では、森脇女学校女生徒の『スーちゃん』役を演じてます。

あらすじ

第二次世界大戦終戦時、通訳だった日系二世の老人イガラシ(三船力也)は、米国カリフォルニア州で、日系新聞記者のダニエル・ニシオカ(中野裕太)の取材を受けている最中、メモ帳に『幽窓無暦日』と書き、マッカーサーと出会った1945年8月30日の事を記者に語り始めます。

彼は、マッカーサーが来日後、厚木飛行場から東京へ向かう車中で「私の財宝、父の遺産はどこだ」と呟いたのを聞いたと言い始めました。。。

その頃、日本では、都内の森脇女子学園の卒業式の時、老夫婦が追悼の碑を感慨深げに眺め、「この石を見る度に、自分だけ仲間はずれにされたような気がします」老婦人(金原久枝:八千草薫)が呟くと、白髭をたくわえた男性(金原庄造:八名信夫)「生き残った者が贅沢を言うな」と呟きます。

ところが式の最中、庄造が「今、真柴さんに会った。もう、命令は守らなくていいと言ってた」と呟いた直後に倒れ、そのまま亡くなってしまいます。

彼は市議会議員も務めた人でしたが、遺言に従い、密葬にし、資産のほとんどを市に寄贈という形になりました。

この老人の妻、久枝は、息子の荘一郎(北見敏之)、孫娘の涼子(麻生久美子)、そしてその婚約者の後藤俊太郎(塩谷瞬)を呼び、帝国陸軍軍人の真柴司郎少佐(堺雅人)の手帳を手に、自らの過去を話し始めるのでした。。。

視聴サービスアフィリ_019


まとめ

2011年はドラマは 4つ、映画は 1つ出演と、前年より仕事が増えました。

特に、ドラマ『鈴木先生』でとうとうレギュラー出演まで実現、ブレークするのも時間の問題といった状況になってきましたね。

2012年はどんな活躍をしてくれるのでしょうね~!


→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2007年 ~ 2008年 を見る】

→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2009年 ~ 2010年 を見る】

→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2012年 を見る】

→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2013年 を見る】

→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2014年 を見る】

→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2015年 を見る】

→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2016年 を見る】

→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2017年 を見る】


この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです。