土屋太鳳_023
写真出典 http://i1.wp.com/get45.com/

こんにちは、Anejo(アネホ)です。

ロングヘアーがトレードマークでしたが、ショートカットもなかなかお似合いですよね!

さて、2005年、10歳のときにデビューしてから 6年間、主役級のお仕事が無く、ず~っと苦戦してましたが、やっと 2012年から本格的に『ブレーク』の予感がしてきた!と言えそうな土屋太鳳さん。

そんな彼女について、プロフィール、2012年に出演したドラマ・映画などを、今更なんですが調べてみました。


土屋太鳳のプロフィール

今となっては人気者で、多分知らない人は居ないと思いますが、『仮に』彼女をご存じない方が居らっしゃった場合のために、いちおう、大まかなプロフィールを紹介させていただきます。

もしもっと詳細を知りたい方はこちらをどうぞ!

→ 【土屋太鳳のプロフィール詳細 を見る】

職業 女優
本名 土屋太鳳
生年月日 1995年2月3日
出身地 東京都 世田谷区
身長 155cm
体重 39kg(13歳時)→ 46kg(『まれ』撮影時) → 44kg(?)
血液型 O型
趣味 読書、映画鑑賞、音楽鑑賞、スポーツ、映画館に一日いること、空の写真を撮ること

経歴 2012年(17歳)

次に経歴に行きましょう。


ドラマ『忠臣蔵〜その義その愛〜』(1月2日、テレビ東京)

忠臣蔵その義その愛
写真出典 http://www.bs-j.co.jp/

困窮し、主君の仇討ちまで諦めつつある父、井坂新助(金田明夫)を救うため、自分の身を苦界に沈めようと決意をする娘の井坂八重を演じています。

あらすじ

元禄7年、のちの堀部安兵衛となる中山安兵衛(内野聖陽)は、江戸の道場で師範代を務めながら気楽な長屋暮らしを続けていました。

そんなある日、安兵衛は叔父甥の義盟を結んでいる菅野六郎左衛門(綿引勝彦)が高田馬場で果し合いをすると聞き、助太刀に駆けつけ相手方をことごとく討ち取ってしまいます。

やがてこの一件が『高田馬場の決闘』として江戸中の評判となり、赤穂浅野家の堀部弥兵衛(橋爪功)は、安兵衛を一人娘のほり(常盤貴子)の婿に迎えようと躍起になり、更に藩主の浅野内匠頭(市川染五郎)は仕官を打診してくる始末。

当初は仕官になる事など、まるで興味の無かった安兵衛でしたが、内匠頭の人柄と風通しの良い家風に惚れこみ、仕官になる事を決意、そんな安兵衛を内頭匠も引き立てていきます。

一方、当初は『仕官目当ての立回り』と批判的だったほりも、安兵衛の『義』の心を知るうちに考えを改め、結婚を決意。

順風満帆の安兵衛だったのですが、やがて大きな波乱の渦に巻き込まれていくのでした。。。

視聴サービスアフィリ_020


ドラマ『黒の女教師』(7月20日 ~ 9月21日、TBS)

黒の女教師
写真出典 http://sugisakihana.c.blog.so-net.ne.jp/

このドラマでは3-D組の生徒、松本栞役を演じてます。

あらすじ

都立・國文館高校で生物を教え、3-D組の副担任、および、3年生全体の進路指導も担当する高倉夕子(榮倉奈々)は、昼間は優れた指導力で生徒と接するクールな教師、夜は校内外に蔓延る教育的難問を解決するダークな教師として、同僚の内田すみれ(市川実日子)藤井彩(小林聡美)と共に『課外授業』を推進しています。

しかし『課外授業』とは名ばかりで、『時間外手当』という理由で法外な金銭を要求し、問題を解決するためには制裁者本人にとどまらず、その親族、友人に至るまで全ての関係者に対し、執拗な情報漏洩、デマの流布、暴行、脅迫、拉致、破壊工作、犯罪幇助など手段を選ばないものであったが、この 3人にはそれを行わなければならない過去や秘密があったのでした。。。

視聴サービスアフィリ_020


所属事務所の吸収合併

ソニーミュージックアーティスツ
写真出典 http://talentco.link/wp-content/

当時所属していた事務所、ウエストサイドは、2010年4月にソニー・ミュージックアーティスツの子会社となり、その後 2012年10月に吸収合併され、それに伴い、ソニー・ミュージックアーティスツ内で『ウエストサイド制作部』となり活動を続ける事になります。


特撮テレビ番組『ウルトラマン列伝』(2011年7月6日 ~ 2013年6月26日、テレビ東京)

ウルトラマン列伝
写真出典 http://blog.m-78.jp/

第62話 ~ 第63話(9月5日 ~ 12日)に、アナザースペースに存在する『惑星エスメラルダ』王家の第二王女、エメラナ・ルルド・エスメラルダ役を演じてます。

あらすじ

5体の凶悪怪獣が超合体した恐るべきパワーのファイブキングが現れます。

ギンガとビクトリー 2人のウルトラマンが出動、ファイブキングに攻撃するも全く歯がたたず、逆に 2人のウルトラマンから光が消­えてしまいます。

勝利で勢い付いたチブル星人、エクセラーは、アンドロイド・ワンゼロの自爆装置を起動させ、UPGの基地に送り込みます。

ヒカルとショウは変身出来ず、UPGはこの『破滅へのカウントダウン』を食い止める事ができるのでしょうか!?

視聴サービスアフィリ_020


映画『果てぬ村のミナ』(12月15日、静岡県内で先行公開、映画「果てぬ村のミナ」製作上映委員会)

果てぬ村のミナ
写真出典 https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/

浜松市天竜区水窪町を中心とした地域振興プロジェクト、映画『果てぬ村のミナ』で、ヒロインである、歳をとらない不思議な少女、松下神菜(まつしたみな)役で、映画の初主演を務めました。

あらすじ

急な斜面に茶畑が緑鮮やかに広がる、天音村上ノ集落。

そこで茶作りを生業としている守屋家の長男、耕助(石川湖太朗)は、麓の高校に自転車で通う高校二年生。

お茶の収穫を控えたある日、黒髪の美少女、松下神菜(土屋太鳳)が、病気の祖母、フミ(高田敏江)と共に上ノ集落に引っ越してきます。

フミは耕助の祖母、ハル(渡辺美佐子)とは幼馴染みで、実に 60年ぶりの帰郷となります。

耕助は神菜に惹かれますが、神菜には他人には知られてはならない秘密があったのでした。。。

視聴サービスアフィリ_019


まとめ

2012年はドラマが 3つ、映画は 1つ出演と、前年より仕事が減りましたが、所属事務所の吸収合併などもあり、芸能活動に集中出来ない事情も有ったかもしれませんね。

逆に、映画『見果てぬ村のミナ』で、とうとう映画の初主演を実現、2013年の活躍が楽しみになってきました!


→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2007年 ~ 2008年 を見る】

→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2009年 ~ 2010年 を見る】

→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2011年 を見る】

→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2013年 を見る】

→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2014年 を見る】

→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2015年 を見る】

→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2016年 を見る】

→ 【土屋太鳳 – 出演した映画・ドラマなど経歴 2017年 を見る】


この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです。