広瀬すず_02
写真出典 http://shinbishika-guide.com/

こんにちは、Anejo(アネホ)です。

ここ最近はテレビで顔を見ない日の無い超売れっ子の広瀬すずですが、ネットでは地元の人達を中心に、「悪質ないじめっ子だった」という証言があったりと、何かと『黒い』ウワサがあるので、徹底的に調べてみましょう。


広瀬すずのプロフィール

2012年8月に開催された、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディション『Miss Seventeen 2012』のグランプリに選ばれ、同誌専属モデルとして芸能界デビュー以来、ドラマ・映画で活躍し、今や人気絶頂となった広瀬すずですが、あまりご存知ない方の為に、簡単にですがプロフィールをお伝えしましょう。

もしもっと詳細を知りたい方はこちらをどうぞ!

→ 【広瀬すずのプロフィール詳細 を見る】

職業 女優・ファッションモデル
本名 大石鈴華(おおいしすずか)
生年月日 1998年6月19日
出身地 静岡県 静岡市 清水区
身長 159cm
体重 45kg ~ 50kg(?)
血液型 AB型
趣味 音楽鑑賞、女子プロレス観戦、カメラ

さて、本名は大石鈴華です。

身長は 159cm と言われてますが、もっと小さく見えますね。

そして体重は公表されてませんが、身長 159cm を元に計算して、『有り得そう』な数字を算出しました。

→ 体重を検証した記事を見る


広瀬すずが『地元ではいじめまくってた』というウワサ

こんなに可愛いのに、地元の人達を中心に「いじめの主犯格だった」との証言が多く、またファンからは「そんなの捏造だ」という意見があるようです。

果たしてどちらがホントなんでしょうか?


地元でいじめまくり!のウワサ

『広瀬すず』とネットで検索すると、すぐに『性格悪い』『いじめ』などネガティブなキーワードが出てきます。

そして、地元の中学校在学中からの『暴露小説』がウワサの発端らしいのですが、そもそもこれがホントに『広瀬すずの事を言ってるのか、よく検証しないと分からない』です。


暴露小説『人気者になった貴方を許さない』

人気者になった貴方を許さない
写真出典 http://imgcc.naver.jp/

まずはこの『暴露小説』の内容を検証していこうと思います。

ケータイ小説サイト『モバスペック』に投稿された、あるドキュメンタリー小説ですが、

「私の実話。今テレビで毎日のように見る彼女を私は許さない。」

と言った『怨念のこもった』サブタイトルから始まってます。

この一文から、少なくともかなり有名な芸能人を指してるという事が分かります。

ただし、『広瀬すず』と名指しにはしてません


筆者の自己紹介

自己紹介(1/1)

高校一年生。
女子です。

小説を書いた方(以後、『筆者』と呼びます)の自己紹介です。

この小説が投稿されたのは2015年、そしてその時点で高校一年生と言ってます。
(つまり、筆者は 1998年 ~ 1999年生まれという事になります)

広瀬すずの生年月日は 1998年6月19日なので、同学年だと言う事がわかりますね。

ただし、ここの程度では、相手が『広瀬すず』と特定できる情報では無いです。

続いて、

私は、今テレビで話題の女優にいじめられていました。
現に今でも続いてますが。

名前は伏せさせていただきます。

いきなり、いじめをしてた女優の名前を伏せてしまってますね。
この時点で『広瀬すず』と断定するのは難しくなってしまいました。

実話です。
信じない方、不快になられる方は見なくてもいいです。
ただ、こういう事が本当にある。っていうことを知ってもらいたいのです。

よろしくおねがいします。

不快になられる方は見ないでください。

ちょっと勿体ぶってる感じはしますが、小説が『実話』だと強調しています。
でも、

◆ 筆者は匿名で書いてる
◆ 小説の内容は画像も無く、文字だけ

ですので、筆者に「実話です」と言われて「あぁそうですか!」と信じるのは難しいですね。笑
では内容を読み進めてみましょう。


中学生編

筆者は『中学生編』と『高校生編』の二部作にしています。
まずは『中学生編』の内容を検証しましょう。

中学生の頃に彼女に出会いました。

やっぱり、彼女は可愛くて友達になれるかな?なんてワクワクしてました。
でも、あまりいい噂はありませんでした。
性格がとても悪い。など聴いて私はあんまり関わらない方がいいのかな?

なんて思い、中1は喋った記憶が全くありません。

『その女優』との出会いは中学1年生の時で、その時は同級生らしいです。
(下の『中学2年生』で、「クラスが離れた」と言ってます)

で、第一印象は「可愛い」「友達になりたい」などとポジティブなことが書かれてますね。

しかし同時に、「性格がとても悪い」というネガな噂が、中学校入学の時点で既にあったそうです。
(チョット様子見しようと思ってたんでしょうね)

中2。

彼女とはクラスが離れました。
少し安心しました。
彼女は自分の取り巻き達と、クラスの地味な子達に初めは地味な意地悪をしていました。

中学2年生になって「クラスが離れた」と言う事は、中学1年生の時は同級生だった事がわかります。

そして『その女優』には取り巻きがいて、筆者以外の同級生も意地悪の対象になっていたようです。

『地味な意地悪』って、どんなんでしょうね。

足を引っ掻ける。
プリントをその子達に配らない。
わざとにぶつかったり。
影で文句をひたすらいう。
机を蹴ったり。

私が知ってるのはこれくらいです。

意地悪の内容は地味とはいえ、けっこう陰湿ですが、ありふれたものですね。

「私が知ってるのはこれくらい」と言ってますが、つまり筆者は1年生の時はいじめに遭ってなかったという事です。

でも、もちろん、広瀬すずと特定できる情報ではありません。

そして、体育祭がきました。
リレーの練習で彼女と走る順番が同じでした。
彼女は先生達にひいきされており、日焼けしてはだめ。

という理由で、長袖。帽子を着用しており、髪の毛を染めているのになにも言われてませんでした。

『その女優』は、どうやらこの頃すでに学校から他の同級生と違って『特別扱い』されてたようですね。

広瀬すず_Seventeen_応募
写真出典 http://imgcc.naver.jp/

ちなみに、広瀬すずが『Miss Seventeen』に応募をしたのは中学2年生の時です。

芸能界デビュー間近の時期なので、学校側は『腫れ物に触る』ような扱いをしてたかもしれません。

左の画像は、オーディションの時の写真ですが、すでに芸名なんですね。

で、写真には『中2』と書いてありますが、小説の『中学生編』とまさに同時期のものです。

ただ、髪を染めてたかどうかは、この写真からは何とも微妙です。

いまどきの女の子は染めてなくてもこの程度の髪色の子か大勢居ますから。

その時に、風が吹いて彼女のハチマキが落ちたんです。
それに気づかなくて、私はハチマキを踏んでしまいました。

直ぐに謝りましたが、彼女は機嫌が悪くなる一方。
そこからターゲットは私になりました。

風が吹いた程度でハチマキは落ちるもんでしょうか?
ちょっと有り得ないです。

なんだか、都合よく『いじめのキッカケ』を捏造したようにも感じます。

練習中は最悪でした。

わざわざ私の所まできて、文句をいいに来るのです。

土下座してよ?
とかそんな意味のわからないことをひたすら言ってきます。

私が移動すると後をついてきたり。

ぶっちゃけ、この程度の意地悪は、割とよく見かけますね。
とはいえ、ここまでする人は『粘着質』かな?苦笑

ただし、今までの内容で、広瀬すずと『その女優』との関連性は、年齢以外何も見つかってません。

厄介なのは、彼女よりも取り巻き達でした。

彼女に気に入って貰いたいのか、○○ちゃんと違ってぶす。
○○ちゃんと違って△△。

そんな彼女と私を比べて彼女が女王様気分になる事をひたすらいってました。

彼女と比べられても困りますよね。
一般人と、女優を比べられても。

これはありがちな話ですね。
取り巻きはこの位やって中心人物のご機嫌を取らないと、むしろ立場がヤバくなるでしょう。

でないと、今度は自分がいじめのターゲットになってしまいますからね。笑

私がひたすら無視をするので、彼女達はイライラがましていって、
彼女のクラスは険悪なムード漂っていたみたいですけどね。

たしかに無視するのは決して得策ではありません。
この部分を見ると、「よく観察してるな」と感心させられますね。

ひどいときは、砂を顔面にぶち当てられて目が一時開きませんでした。
他には、顔を汗をかいてたので洗っていたらホースで全身びしょ濡れにされたこともありますね。

どんなシチュエーションかわかりませんが、体育の時間の後でしょうか。
水は放っとけば乾くので問題ないとしても、砂はさすがに悪質です。

先生達に何度も相談しました。
全く、取り合ってもらえませんでしたけどね。

親にも相談して、学校に電話しましたが取り合ってもらえず。
さらには、私に否があると言われてしまいました。

学校の先生を擁護するつもりはないですが、よく聞く話ですね。
でも親は筆者の方が悪いと言われて、そのまま引き下がってしまうものなのでしょうか?

でも、私は将来絶対に叶えたい夢がある。ので学校には休まずいきました。

なんといっても、支えてくれる友達や好きな人がいたからですかね、、

友達には感謝してもしきれません。

嫌な思いをさせられてても学校に休まず行けたのは、友達のおかげだそうです。
いいお話ですね。

ところが。。。

私に友達がいるのが凄く嫌だったのかその子達まで、攻撃しだしました。

その時は流石に、ぶちギレてしまいました。
勢い余って、彼女をビンタしてしまいました。
倍の力でやり返されましたけどね。
しかも、かなりの大事になりました。
教育委員まで出てきました。

教育委員まで出てきたようです。
でも彼らに『不都合な』いじめの事実は、往々にして握りつぶされてしまう事も多く、真相は闇の中に葬り去られてしまいます。

ところで、この『ビンタの応酬』をクラスの誰かが見てた可能性は高いですが、事実だったのか裏付けが欲しい所です。

母が、彼女や彼女の親に土下座をして謝っているのをみて私は哀しくなり。そして、怒りが込み上げてきました。
ですが、どうすることも出来ない自分が悔しくて。悔しくて。私はただ突っ立って居ることしか出来ませんでした。

いまの中学校は、いくらナンでも土下座はさせないと思うんですよね。
(ちょっと現実的ではないと思いませんか?)

でも、どうやって、筆者が一方的に悪いと結論付けられるんでしょうか?
その辺がどうにも腑に落ちないですね。

私は、その頃位から少し頭がおかしくなってましたね。

授業中や、帰り道、お風呂に入ってる時も
彼女達をどうやって殺してやろう。
彼女達の恐怖で泣き叫ぶ顔を想像してました。

教育委員もあてにならず、親も理不尽を受け入れてしまい、筆者もかなり辛い思いをしていたみたいですが、『頭がおかしい』というより『怨念の権化』って感じですね。

可哀そうな状況です。

そんなことを考えてた天罰ですかね。

1ヶ月位彼女達からの攻撃がありませんでした。
ですが、それから少したった時の学校の帰り道。
知らない丁度二十歳位の男性に道を聞かれました。
結構明るい時間でしたので案内しましょうか?
といい、セブンイレブンまで案内することにしました。

『その女優』逹からのいじめがなくなって安心していると、二十歳位の男性から道を聞かれ、その男性を案内すると。。。

その男性は一人でした。
その男性が、話しかけてくるのを適当に答えて案内してました。

そしたら突然、腕を引っ張られて路地裏の人通りの全くない狭い行き止まりに連れていかれました。

突然の事で初めは、ビックリして声が出ませんでした。
でも、次第にどういう状況か分かって叫びました。

男は私を3発ほど殴ると、口にタオル?のような物を詰めてどこかに電話をかけました。

電話を切ったあとに、私に言いました。「ごめんねぇ。本当はしたくないんだけどぉ。君の行いが悪いからなるのかなぁ?」

この声は一生忘れません。
気持ちの悪い口調に、ひどいほどのタバコの臭いがしてました。

まるでドラマで見るような展開ですが、ここまで来ると『暴行事件』です。

しかし、相手はどんな身だしなみをしてたんでしょうか?
隙だらけですね。

私が抵抗していると、男性が三人ほどきました。

「こいつであっとる?」とか言ってました。
私は、恐怖でひたすら抵抗するしかありませんでした。

何度も殴られました。
制服を脱がされて下着だけになりました。

色んな所を殴られて、青アザだらけで気持ち悪かったと思います。

男達は「どうする?」とかいいながら写真を撮っていました。

不幸中の幸い、下着を外されることもなく、それ以上の事はされませんでした。

これは酷い!
描写がリアルですが、女子中学生1人にオトナの男性4人がかりで暴行とは、ずいぶん卑怯です。

でも、下着だけにされるまでで済むもんでしょうか?
(被害が軽くて済んだという妄想か、捏造という気がしませんか?)

そして、男達は私にこの事誰かに言ったら写真ばらまいちゃいそぉー。

とかいってどこかに電話をかけながら、消えていきました。

私は、痛みで直ぐには起き上がれずに座っていました。

そしたら人がきました。
もう、どうなってもいいや。
なんて思って、そのままでいました。

甲高い声で「どぉだったぁ?自分が悪いんだもんねぇ」

なんて言って、彼女達がきました。
こいつらの仕業か。と直ぐに分かりました。

中学2年生の『その女優』がオトナの男性達に『お仕置き』をさせたとなると、そもそも彼らはどういう関係だったんでしょうね?

私が殺してやる。
って睨み付けて言ったら、「こわぁい。笑」
何て言って写真を撮ってました。

許せなかった。
私がこいつらに何をしたって感じでした。

彼女達は、私を指差して笑いながらざまぁみろ。なんて笑ってました。

こいつらの前では絶対に泣きたくなかったのに、泣いてしまいました。

土下座したら、この写真消してあげると言われました。

それを信じた私がバカですよね。

土下座しているところ、写真に撮って「信じたし!バカだろ。」何て言いながら笑いながら帰っていきました。

。。。この、やるせない展開。
かなりリアリティーが有りますが、これホントに事実なんですかね?

帰って、携帯を開くと120通ほどLINEが来てました。

彼女達から写真が沢山。
あの男達から。

そして、なぜかわからないけど全く知らない男達から。

彼女達が、出会い系アプリ?に私のLINEのID書いてました。

LINEは急いで入り直しました。

ですが、彼女達からLINEがどんどん入って来ます。
明日学校休んだらわかるよね?
など写真付きできました。

取り巻きの一人が、トプ画を私の土下座写真にしていたのを見て私はLINEのアカウントを消しました。

学校に行くのがとても嫌でした。
その日は寝れず、ずっと起きていたのを覚えています。

今こうして、打つのもやっとです。
あのときの事を思い出しては今でも震えが止まりません。

ひとつ腑に落ちないのが、筆者は男達に『集団暴行』を受けましたが、これでどうして警察沙汰にならないのでしょうか?

そしてその男達と『その女優』との繋がりは、警察沙汰になれば簡単に明るみになってしまいますし、LINE を使ったら、『暴行事件の黒幕だった証拠』として残ってしまうので、『その女優』はかなり不利になります。

そんなリスキーな事、誰がやるんでしょうか?

レビューを書いてくれた人逹への返信

皆様。沢山のレビューありがとうございます。
私が今こうしてかけるのは、私の親友と彼氏がこういう人が居るってことを沢山の方に知ってもらおう。そして、こんな思いをする人を少しでも少なくしよう。
と言ってくれたからです。
そして、私が彼女の名前を言って
彼女がどうなろうが私には関係ありません。

ですが、私には彼女をどん底に突き落としていい理由などありません。
ですから、始めに申し上げたように
彼女の名前は伏せさせていただきます。

恐らくレビューで「いじめている女優って、いったい誰ですか?」といった質問がたくさん有ったんでしょう、でもやっぱり名前は伏せていますね。

チョット理解不可能なのが、「彼女をどん底に突き落としていい理由などない」と言ってますが、

◆ これは筆者の本心なのか?
◆ 良い人ぶってるのか?それとも
◆ フィクションだから名前を公表できないのか?

が、わかりません。
悪質な加害者を世間に晒すのは、同じ被害の再発防止と、加害者自身の更生のために必要な事だと思うんですが。


LINEで拡散された写真とクラスの反応

教室に私が入った瞬間廊下まで騒がしいのが聞こえてたのに教室中がシーンってなりました。

漫画であるような感じでした。
立っているのもギリギリなくらいに足が震えました。

シーンってしてるなかに、廊下から彼女達がきました。
お葬式のような雰囲気の教室に彼女達は笑いながらキャッキャッいいながら入ってきました。

私を見つけると、楽しそうに「わぁ!きてくれたんだぁ。サプライズどうだった?」
って言われました。

こんなに、人を憎んで怖いと思ったのは初めてでした。

LINEで写真が拡散されたらしいですが、せめてその画像くらいは証拠として公開してほしかったですね。
もちろん、個人を特定出来ないように画像処理を施して。

クラスのいつも一緒に居てくれた子さえ、私を見下すように汚らわしいものを見るように、冷たい目で見ていたのを鮮明に覚えています。

どういう内容で拡散されたら『汚らわしいものを見る』ようになるんでしょうね。
やはりLINEでの拡散のしかたが気になります。


小説が『実話』か検証(その一)

いかがですか?
すごくリアリティー溢れる内容で、フィクションだったら傑作と思うんですが、『実話』なんだそうです。

でも個人的には、どうしても信憑性を感じないんですよ。
少し厳しいようですが、

◆ 匿名で書かれてる
◆ いじめられるようになったキッカケが不自然
◆ ドラマや映画のシーンでよく見かける内容
◆ 暴行事件なのに警察沙汰になってない

◆ 証拠となるものの掲載は一切無し

と言う事で、筆者が受けていたとする『いじめ』の内容はかなり酷かったですが、一部(もしくは全部)捏造されてるような気がします。


筆者の住んでいる県を告白!

名前はきずいてる人がいるようですが、絶対に言わないでください。
この作品を削除することになります。

1つだけ言わせていただくと、私は静岡県民です。

あまり、言いたくありませんでしたが、少しだけの復讐です。

ここで筆者が静岡県民であると言ってます。
つまり、

◆ 『いじめ』は静岡県内のどこかの中学校で起こっていた(と主張してる)
◆ 『いじめ』の主犯格の『その女優』も、その中学校に通っていた静岡県民

と言う事ですね。

この時点でかなり絞られてきますが、『その女優』が広瀬すずだと特定する事は可能でしょうか?


2012年の人気女優ランキングトップ250

この年(その女優が中学2年生の時)の人気女優とその出身地を調べてみましょう。

順位 女優 出身地
1位 新垣結衣 沖縄県 那覇市
2位 北川景子 兵庫県 神戸市
3位 戸田恵梨香 兵庫県 神戸市
4位 井上真央 神奈川県 横浜市
5位 吉高由里子 東京都
6位 前田敦子 千葉県 市川市
7位 桐谷美玲 千葉県
8位 大島優子 栃木県 下都賀郡
9位 綾瀬はるか 広島県 広島市
10位 堀北真希 東京都
11位 本田翼 東京都
12位 瀧本美織 鳥取県 鳥取市
13位 香里奈 愛知県 名古屋市
14位 石原さとみ 東京都
15位 武井咲 愛知県 名古屋市
16位 松嶋菜々子 神奈川県 横浜市
17位 宮﨑あおい 東京都 杉並区
18位 板野友美 神奈川県
19位 多部未華子 東京都
20位 佐々木希 秋田県 秋田市
21位 平愛梨 兵庫県 明石市
22位 竹内結子 埼玉県 さいたま市
23位 大政絢 北海道 滝川市
24位 川口春奈 長崎県
長澤まさみ 静岡県 磐田市*1987年6月3日生まれ
26位 加藤あい 愛知県 西春日井郡
27位 剛力彩芽 神奈川県 東部
28位 芦田愛菜 兵庫県 西宮市
北乃きい 神奈川県 横須賀市
30位 YUI 福岡県
31位 上戸彩 東京都 練馬区
篠田麻里子 福岡県 糸島市
仲里依紗 長崎県 東彼杵郡
川島海荷 埼玉県 新座市
35位 志田未来 神奈川県
36位 柴咲コウ 東京都 豊島区
37位 吉瀬美智子 福岡県 朝倉市
比嘉愛未 沖縄県 具志川市
39位 忽那汐里 オーストラリア・ニューサウスウェールズ州
小嶋陽菜 埼玉県 浦和市
41位 榮倉奈々 鹿児島県
橋本愛 熊本県 熊本市
43位 栗山千明 茨城県 土浦市
深津絵里 大分県 大分市
45位 天海祐希 東京都 台東区
上野樹里 兵庫県 加古川市
47位 岡本玲 和歌山県 和歌山市
沢尻エリカ 東京都
深田恭子 東京都 北区
本仮屋ユイカ 東京都 目黒区
51位 東京都
52位 南明奈 神奈川県 横浜市
53位 黒木メイサ 沖縄県 名護市
仲間由紀恵 沖縄県 浦添市
吉田里琴 東京都
56位 相武紗季 兵庫県
57位 宇野実彩子 東京都
米倉涼子 神奈川県横浜市
59位 蒼井優 福岡県
夏帆 東京都
桜庭ななみ 鹿児島県 出水市
水川あさみ 大阪府 茨木市
南沢奈央 埼玉県 浦和市
64位 安室奈美恵 沖縄県 那覇市
ベッキー 神奈川県
宮澤佐江 東京都
67位 檀れい 兵庫県
松下奈緒 奈良県 生駒市
69位 中谷美紀 東京都
70位 井川遥 東京 墨田区
倉科カナ 熊本県 熊本市
篠原涼子 群馬県 桐生市
永作博美 茨城県 行方市
夏菜 埼玉県
真木よう子 千葉県 印西市
満島ひかり 沖縄県 沖縄市
77位 麻生久美子 千葉県 山武市
市川由衣 東京都 中野区
中川翔子 東京都 中野区
広末涼子 高知県 高知市
松雪泰子 佐賀県 鳥栖市
和久井映見 神奈川県 横浜市
渡辺麻友 埼玉県 浦和市
84位 石田ゆり子 愛知県 名古屋市
尾野真千子 奈良県 吉野郡
貫地谷しほり 東京都 荒川区
菅野美穂 埼玉県 坂戸市
田中麗奈 福岡県 久留米市
羽田美智子 茨城県 常総市
原田夏希 静岡県 静岡市*1984年7月7日生まれ
水沢エレナ 愛知県 名古屋市
観月ありさ 東京都 練馬区
ミムラ 埼玉県 深谷市
94位 内田有紀 東京都
大野いと 福岡県 中間市
木下優樹菜 東京都 葛飾区
木村佳乃 東京都 世田谷区
新川優愛 埼玉県
杉本有美 大阪府 大阪市
谷村美月 大阪府 堺市
101位 逢沢りな 東京都
入来茉里 鹿児島県
木南晴夏 大阪府 豊中市
木村多江 東京都 江東区
木村文乃 東京都
国仲涼子 沖縄県 那覇市
黒木瞳 福岡県 黒木町
里田まい 北海道 札幌市
釈由美子 東京都 清瀬市
夏川結衣 熊本県 八代市
のん(能年玲奈) 兵庫県 神崎郡
福田麻由子 東京都
水原希子 兵庫県 神戸市
南野陽子 兵庫県
優香 東京都 あきる野市
吉永小百合 東京都 渋谷区
蓮佛美沙子 鳥取県 鳥取市
若村麻由美 東京都 練馬区
119位 有村架純 兵庫県 伊丹市
稲森いずみ 鹿児島県
片瀬那奈 東京都 江東区
小林涼子 東京都
スザンヌ 熊本県 植木町
中島美嘉 鹿児島県
西山茉希 新潟県 長岡市
福田沙紀 熊本県 熊本市
本田望結 京都府 京都市
道重さゆみ 山口県 宇部市
安田美沙子 北海道 札幌市
りょう 埼玉県 鳩ヶ谷市
131位 岩田さゆり 静岡県 伊豆の国市
片岡明日香 岡山県 総社市
加藤ローサ 鹿児島県 鹿児島市
熊田聖亜 東京都
黒川芽以 東京都 西東京市
小泉今日子 神奈川県 厚木市
小西真奈美 鹿児島県 川内市
小松彩夏 岩手県 一関市
鈴木京香 宮城県 仙台市 泉区
高島礼子 神奈川県 横浜市
辻希美 東京都 板橋区
寺島しのぶ 東京都
中山美穂 東京都 小金井市
浜崎あゆみ 福岡県 福岡市
原田知世 長崎県 長崎市
遥くらら 神奈川県 横浜市
広瀬アリス 静岡県 静岡市*1994年12月11日生まれ
吹石一恵 奈良県 香芝市
黛英里佳 埼玉県 本庄市
山下リオ 徳島県 徳島市
151位 安倍なつみ 北海道 室蘭市
石橋杏奈 福岡県 遠賀郡
泉ピン子 東京都 中央区
伊藤歩 東京都 練馬区
臼田あさ美 千葉県 松戸市
大塚寧々 東京都
小野恵令奈 東京都
川島鈴遥 栃木県
河西智美 東京都 府中市
黒谷友香 大阪府 堺市
紺野まひる 大阪府 豊中市
佐津川愛美 静岡県 葵区*1988年8月20日生まれ
白石美帆 茨城県 常陸大宮市
高梨臨 千葉県 船橋市
常盤貴子 神奈川県 横浜市
戸田恵子 愛知県 名古屋市
西田尚美 広島県 福山市
野波麻帆 東京都
長谷川潤 アメリカ・ニューハンプシャー州
マイコ 東京都
松井珠理奈 愛知県
真矢みき 大阪府 豊中市
三浦理恵子 東京都 中野区
misono 京都府 京都市
矢田亜希子 神奈川県 高津区
山口智子 栃木県 栃木市
山田優 沖縄県 恩納村
吉沢明歩 東京都
179位 秋元才加 千葉県 松戸市
朝倉あき 神奈川県
阿部純子(吉永淳) 大阪府
飯島直子 神奈川県 港北区
池脇千鶴 大阪府 東大阪市
石川紗彩 福岡県
石田えり 熊本県 八代市
磯山さやか 茨城県 鹿島郡
市川実日子 東京都 大田区
伊藤千晃 愛知県 名古屋市
今井絵里子 沖縄県 那覇市
上原多香子 沖縄県 豊見城市
上間美緒 福岡県
内山理名 神奈川県 南足柄市
梅田彩佳 福岡県 北九州市
江角マキコ 島根県 出雲市
大後寿々花 神奈川県 横浜市
大塚愛 大阪府 大阪市
大塚ちひろ 徳島県 徳島市
大橋のぞみ 日本*1999年5月9日生まれ
岡本あずさ 愛知県 名古屋市
岡本杏理 東京都
奥村佳恵 大阪府
加賀まりこ 東京都 神田小川町
加護亜依 奈良県 大和高田市
香椎由宇 神奈川県 綾瀬市
片桐はいり 東京都 大田区
加藤夏希 秋田県 由利本荘市
佳那晃子 東京都 八王子市
亀井絵里 東京都 荒川区
河北麻友子 アメリカ・ニューヨーク州
北原里英 愛知県 一宮市
木下あゆ美 愛知県 知多市
木村カエラ 東京都 足立区
キムラ緑子 兵庫県 洲本市
草刈麻有 東京都
栗原小巻 東京都 世田谷区
黒川智花 東京都
小池里奈 栃木県 小山市
後藤久美子 東京都 杉並区
小林聡美 東京都 葛飾区
小宮有紗 栃木県 下野市
早織 京都府
酒井和歌子 東京都 板橋区
坂田梨香子 佐賀県 佐賀市
桜井幸子 千葉県 山武郡
指出瑞貴 東京都
指原莉乃 大分県 大分市
佐藤ありさ 千葉県
佐藤めぐみ 東京都
島崎遥香 埼玉県
杉本彩 京都府 京都市
鈴木愛理 岐阜県
鈴木砂羽 静岡県 浜松市*1972年9月20日生まれ
鈴木保奈美 東京都 大田区
高岡早紀 神奈川県 藤沢市
高山侑子 新潟県
多岐川華子 神奈川県
田中美佐子 島根県 知夫郡
田中裕子 大阪府 池田市
田畑智子 京都府 京都市
鶴田真由 神奈川県 鎌倉市
徳永えり 大阪府 吹田市
戸田菜穂 広島県 広島市
富田靖子 福岡県 糟屋郡
中嶋朋子 東京都
中山忍 東京都 小金井市
夏目雅子 東京都 六本木
名取裕子 神奈川県 横須賀市
成海璃子 神奈川県 川崎市
新妻聖子 愛知県 中島郡
新山千春 青森県 青森市

出典元 http://www.channelcinema.com/

驚いたことに、私が参照した『人気女優ランキングトップ250』の中に、広瀬すずの名前が無かったじゃありませんか!

と言う事は、中学生時代に既に人気が出てきて、「学校を休みがちになるほど忙しくなった」と言う小説内容とは食い違ってるように思えます。

ただ、意外にも『静岡県出身』の女優は少数派で、このランキングの中だと、

◆ 長澤まさみ(静岡県 磐田市*1987年6月3日生まれ)
◆ 原田夏希(静岡県 静岡市*1984年7月7日生まれ)
◆ 広瀬アリス(静岡県 静岡市*1994年12月11日生まれ – 広瀬すずの姉)
◆ 佐津川愛美(静岡県 葵区*1988年8月20日生まれ)
◆ 大橋のぞみ(日本*1999年5月9日生まれ – 出身地不明なので一応ピックアップ)
◆ 鈴木砂羽(静岡県 浜松市*1972年9月20日生まれ)

しか居ませんが、彼女たちは 2012年のとき、中学2年生ではありません

つまり、250人もの人気女優の中には、小説の『その女優』に該当する人は居ない。
一方、ご存知の方も多いと思いますが、広瀬すずは、静岡県 静岡市 清水区出身です。

これでかなり、『その女優 = 広瀬すず』を指してる可能性が高くなってきました。

小説に戻りましょう。

そこら辺から次第に彼女はどんどん売れるようになっていきました。
彼女が学校を休む日が結構増えて、嬉しかったです。

『その女優』も芸能界入りを果たし、仕事が忙しくなったせいでしょうか、学校に来れない日が多かったようですが、筆者にとっては好都合だったという事でしょうね。

飛ばしてすみません。
3年生になりました。
親友と同じクラスになれて嬉しかったのです。

彼女は、別のクラスでした。
その頃、彼女は少し浮いていました。
自分可愛い、可愛い。だから自分がしたくないことは他人が不幸になろうが構わない。という感じで、ナイス自己中っぷりを開花させていました。

当然、嫌われるので影で色々言われてましたが、彼女は誰の事ー?って感じできずいてませんでした。

3年生になり、いじめの主犯格で全てを掌握してたハズの『その女優』の立場が、この頃から転落、陰口を言われるようになったみたいですね。

その反面、彼女が有名になればなるほど先生達のひいきは激しくなりました。

私が、反論して言い返したら彼女の言い分だけ聞いて私が全部悪い。謝ってこい。と言うのです。

そこで、謝ってた私もおかしかったんですけどね。
学校全体が彼女中心的にまわってました。

『その女優』が有名になるに従い、教師の『ひいき』がエスカレートしていく?
そんな事って有るんでしょうか?

彼女に、好かれたいから媚売りで近くにいる。
素で好きだから一緒にいる。
あんまり関わりたくない。
大体はこの三つでした。

同学年の生徒たちの立ち位置らしいですが、まぁそんなもんでしょう。


男遊びが激しくなる!

文化祭が終わった位から、彼女の男遊びは激しくなりました。

元々から、ボディータッチが多かったり誰にでも好き。など言う人でした。

ですが、その頃は今日は一日フリー?夜遊び行かない?
みたいな感じで、学校でも顔のいい人を狙って言っていました。

違う学年でも、かっこいい人がいたら「○○ー!?」みたいな感じで言っていました。

目立つのが好きなので、集会でもかっこいい人がいれば「えーっ!?あの人誰ー!かっこいいー!」など大声で言っていました。

彼女がいようが関係なくしていたのでかなり嫌われものになってました。
本人はきずいてませんでしたが。

『その女優』は目立ちたがり屋で、イケメンを見つけては大声を出したり、彼女が居る男の子にさえ、ちょっかいを出すようなタイプだったようで、かなり迷惑な人だったらしいですね。

ここまで滅茶苦茶だと、自然と『良からぬウワサ』が立つようになってくるものです。

筆者が言ってる事の裏付けとなる情報はあるのでしょうか?
(あくまで、『その女優 = 広瀬すず』と暗示してると仮定した場合)


広瀬すずの中学生時代を証言から探る

ちなみに、広瀬すずの男遊びについての証言はいくつも有ります。
まぁ、全て信用できるとまでは言えませんが。。。

広瀬すず_暴露_001
広瀬すず_暴露_002

広瀬すず_暴露_003
広瀬すず_暴露_004

彼氏の話題以外にも「性格が悪い」というウワサが有った証言も出てきちゃってますね。苦笑

さらに、彼氏を取られてしまったという人の証言も出現。。。

皆さん、言いたい放題ですが、中には面白がって、有る事無い事書いてる人も居るかもしれません。

ただ、結構な人数の証言が出ているので、それら全てが『捏造』とは言いにくく、彼女が中学時代から男遊びが過激だったというウワサは本当かもしれません。

もちろん、『アンチ』の存在も忘れてはいけないですが、他の女優さんと比べて、極端に悪いウワサや証言が多すぎるんです。

他にも、お姉さんのアリスと不仲になっちゃった?と言う話もあるし、「引退ざまぁw」みたいな話で盛り上がっちゃったり。。。

→ 【広瀬すず – 仲良しだった姉のアリスと冷戦状態!?原因はすずの性格が悪いから? を見る】

→ 【広瀬すず – 引退発表!!記者会見で理由は炎上?今後について発表 を見る】

ちなみに、広瀬すずの熱愛報道などを書いた記事もありますので、ご参考にどうぞ!

→ 【広瀬すず – 2017年現在の彼氏は?野村周平とはどうなのか?性格悪すぎってホント? を見る】


レビューに対するコメント

小説に戻りましょう。

名前を出さないのなら書く意味がわかりません。もし彼女が芸能界から消えたら悲しむ人がたくさんいる。確かにそうかもしれませんが芸能界にいる以上、その彼女に憧れて目標にして、女優を目指す人もたくさんいると思います。なにも知らずに憧れてる人は事実を知ったら悲しむかもしれませんが、なにも知らないまま憧れ続けるよりはいいと思います。ファンの人も同様です。悲しむと思いますが、事実を知りたいのでは?名前を出さない、マスコミに言わないというのは結局自分が言ったということがバレるのが怖いからじゃないんですか?名前を出すから、あの人は本当はこうなんだという訴えになるんじゃないんですか?名前を出さないで何のために書いてるのかわかりません。

レビューでこう来ました。
その通りかも知れません。
だからといって、なぜ名前を出さなくてはいけないんですか?
その女優を目指して芸能界に入りたいとすればそうすればいいじゃないですか。

言わせていただきますが、不快になられる方はこの作品を一切見ないでください

ここまで頑なに『名前出し』を拒むと、少し疑わしくなってきます。
決して不快とは思いませんが、違和感を感じるのは確かですね。


筆者が反撃に転じる

それから、少しして彼女の被害者数人と集まりました。
大体、8人位です。

やり返さない?と言われました。
私も初めはかなりやる気でした。
なにする?なにする?という話でその日は終わり、その次の日にマックに集まりました。

とうとう『被害者の会』みたいなのが発足したようです。

そこで、彼女が学校来た日に彼女の机の上にアルコール消毒液かけとこうよ。
と、なりました。
やり返し楽しみだな。
なんて思ってました

彼女は仕事で忙しく中々学校に来ませんでした。
作戦から、5日後位に来ました。
早速開始しました。

掃除時間に、彼女達がいなくなるのでクラスの人にバレないようにシュッシュッとしました。

そして『作戦決行!』みたいですね。
アルコール消毒液を吹きかける程度で気が晴れるもんなのかな?とは思いますが、まぁ中学生ですから。笑

彼女達が戻ってきて、彼女が机をみてキレました。
机を蹴って、
「誰だよ。やったやつ出てこいよ。ぶっ殺してやるから。」
ドスの聞いた声で言ったのを覚えています。

彼女はクラスみんなを見渡して、一人一人お前か?お前か?と聞いていきました。
私の番で、お前か?復讐のつもり?と聞いてきました。

恐怖で「シーン」と静まりかえった教室内で、怒り頂点の『その女優』の声だけ響き渡る、そして一人ひとり犯人捜しを始める。。。

そして、とうとう筆者の順番になった!

怖かったです。

「私じゃないよ…。」と震えた声で言ったのを覚えています。

やっぱり怖いもんなんでしょうね、そうとうな迫力が有ったんでしょう。
ところが。。。

クラスの一人が、
こいつさっき○○(彼女)さんの机の近くにいたよ!

と言いました。
あぁ。終わった。
って、脱力しました。

これはつまり、クラスの人にばれないようにやったハズが、誰かしら見てたんでしょうね。

彼女は私を思いっきりビンタしました。
家に帰ったあと、鏡をみたら紫がかってました。
その時の写真があるのですが、載せない方がいいですよね、、。

写真が撮ってあるらしいですね。

つまり読者に「見せろ」と言われたら出せる写真が有ると言ってますが、残念ながら『その女優』でなく他の人がビンタした跡かもしれないので、全然証拠にはなりません。

沢山の方が聞かれた、今も高校が一緒なのか。
というのは、高校は違います。
ですが、取り巻きと同じで取り巻きからされるということで、彼女は直接的には関係はありません。

『その女優』と違う高校に通うようになって安心出来るかといえば、取り巻きが憑いてきた!って事ですね。

このシチュエーションで、『その女優』は取り巻きを遠隔操作していじめを続けて行く事になるんでしょうか?


広瀬すずの通った高校

ちなみに、広瀬すずの通った高校は千葉県にある『あずさ第一高等学校』という説が濃厚です。

広瀬すず_あずさ第一
写真出典 http://lineq.jp/

そう言われる根拠は2つ。

1)広瀬すずのものと思われるTwitterの裏アカウントが特定され、その中で、高校が『あずさ第一』と書いてあった

2)広瀬すずの公式ブログの記事に「4/30 に体育合宿があった」とか、「7/3 に高校の校外学習でディズニーランドに行った」と書かれていたが、その日程とあずさ第一高等学校のイベントの日程が一致してる

【あずさ第一高等学校】
ちなみに、あずさ第一高等学校は通信制、単位制の高校だそうで、週1日~5日まで通学スタイルを選択出来るらしく、超多忙な広瀬すずでも無理なく通学が出来そうですね。

また、あずさ第一高等学校はキャンパスがたくさんあり、その中で彼女の利便性を考えて、渋谷キャンパスに通ってた可能性が高いらしいです。

なお、通信制なので、偏差値などはわかりません。


高校生編

高校一年生、卒業式に彼女の取り巻き達がいたので学校が嫌いになりました。

この文章の「卒業式」って、中学校の卒業式の事かな?
ちょっと判りにくいですがあまり重要な部分ではないので無視して。。。

私は基本テレビを見ないのですが、しゃべくりという番組に出てるのをみてイライラしました。

『しゃべくり』に出ているというところから、今までず~っとベールに包まれた、『その女優』が、広瀬すずだとほぼ特定できたと思います。

広瀬すず_しゃべくり
写真出典 http://imgcc.naver.jp/

というのも、広瀬すずは 2015年3月7日放送の『しゃべくり』に出演してるからです。

因みに、放送日は卒業式のシーズンですよね。

小説中で、『卒業式』と『しゃべくり』が同じ時系列なので、『その女優 = 広瀬すず』という可能性が濃厚になってくるのではないでしょうか?

しかし小説はなおも続きます。


筆者に対する批判のコメントが増え始める

批判がひどくなる一方です。
なんども、言いますが不快になられるのならみなくても結構です。

実話です。
嘘だ。と信じない方は見なくて結構です。
応援してくださる方ありがとうございます。
これからも、がんばらせていただきます。

もう、この時点でネット上では『その女優 = 広瀬すず』という図式が出来上がってしまってたんでしょうか。

広瀬すずもそろそろ人気が本格的になってきて、小説の内容と芸能界での広瀬すずのイメージがあまりにも違うので、ファンから批判のコメントが多く届くようになったんでしょう。

そして、そろそろ最後になりますがLINEを私はまた始めました。

そして、彼女がなぜか追加してきて「久しぶりー。」

と、きていたので返事をすることもなくブロックしました。

ありとあらゆるいじめをしてきた『その女優』が、何事もなかったかのようにLINEを送って来るという、有り得ない無神経さ。笑

そんな人、居るんでしょうか?

現在、はここまでです。
質問等などがあれば聞いてくれると嬉しいです。

この状態で、一旦完結にしていただきます。
なにか、またあれば追加させていただきます。
今も、陰湿ないじめは続いています。

皆さんは、この実話をみてどう思いましたか?
感想など頂けると幸いです。

ここで『高校生編』は終了です。

この小説が書き終えられたのは、去年の2015年春頃だろうと思われます。

いじめは相変わらず続いているらしいですが、取り巻きが自発的にやってるのか、広瀬すずが遠隔操作でやらせてるのかは判りません。


結局、小説は削除された

この作品を消そうかと思います。

なぜかと言うと、彼女のファン。そして友達。色々な方から言われたからです。

明日の0時に消します。
短い間でしたがありがうございました。
レビューを中々返信できずにすみません。

この文章に書かれた通り、小説は削除されました。

モバスペブックに投稿された『オリジナル』は消されていますが、2015年6月20日に転載されたサイトがあったので、今回の検証に引用させてもらいました。


結局、『その女優 = 広瀬すず』なのか?

小説では、いくつか情報がちりばめられてました。

◆ 1999~1998年生まれ
◆ 人気女優の中では少数派の、静岡県出身
◆ 2015年3月の中学卒業シーズンに『しゃべくり』に出演

この条件を満たすのは結局、広瀬すずしか見当たりません。
つまり、『いじめの主犯格』が『広瀬すず』と、暗示してるワケです。


小説が『実話』か検証(その二)

結局、『高校生編』で更に『その女優 = 広瀬すず』の可能性を補強する材料は出てこなかったです。

そして、いちばん困った事が、小説内で書かれてる『いじめ』の内容が『実話』なのか判断する材料となる証拠が、一切無いということです。

ただただ「実話です、信じてください」みたいな事を連呼してるだけで、ちゃっかり『いじめの主犯格』が広瀬すずだと思えるような情報を散りばめてる印象を受けました。

なお、この小説以外にも「広瀬すずにいじめられてた」という証言はたくさん有るので、被害者は多いかもしれません。

しかし『いじめ』のレベルがあまりにも常軌を逸してますので、この小説は『筆者の妄想の産物』ではないか?と思います。
(さすがに暴行事件はヤバ過ぎます)


この小説は実はまだ読める

ここでは、

◆ 例えばどんな『いじめ』があったのか?
◆ その主犯格が『今人気の女優』で、
◆ ウワサでは『広瀬すず』らしい
◆ ホントに『実話』なのか?

を検証するため、一部だけピックアップしており、小説の全文を載せてるわけではありません。
省いた部分は、検証には要らなかったものの、筆者の辛い経験(?)が数多くあります。

あまりお勧め出来ませんが、全て読みたいという方は、下のリンク先のページに飛ぶか、動画で読んでください。
(ファンの方は特に、閲覧は自己責任でお願いします)

◆ 引用元のページ → 人気者になった貴方を許さない
◆ 動画

動画はこちらからどうぞ~
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


他の被害者の証言

他の被害者の証言_01

この小説の筆者だけでなく、他の被害者も証言してます。

この方と、その友人がいじめられていたと暴露していますね。

ちなみに、広瀬すずの本名は『大石鈴華』なので『すずか』と呼んでいます。

他の被害者の証言_02

こうやって見ていくと、『被害者』がけっこう多いのがわかると思います。

よく、「火のない所に煙は立たぬ」とは言いますが、この諺の意図する煙は「チョロチョロ」とうっすらとしたもののようですが、広瀬すずの証言の場合はもう、完全に『狼煙』みたく「モウモウ」なんですね。苦笑

他の被害者の証言_03

なので、検証中の小説の内容はともかく、広瀬すずが『いじめっ子だった』というウワサはホントっぽいです。

ただ、この頃の『いじめ』って、程度の差こそあれ、そこら中で起こるものだと思うんですよね。

精神的にも不安定な中学生・高校生の間なら尚更。

やられた方は「たまったもんじゃない」ですが、やった方は大人になるとすっかり忘れてしまってたり。

私も高校時代、いわゆる『いじめられっ子』を庇ったら村八分にされた経験もありますが、それで得た経験は社会人になって活かされたと思ってます。

まぁ、『いじめ』も程度の問題はありますがね。。。

地元での評判はすこぶる悪い

これだけ悪い評判が出てくると、信じずにはいられませんね。苦笑

広瀬すず_地元の評判_01

広瀬すず_地元の評判_02

広瀬すず_地元の評判_03

広瀬すず_地元の評判_04

広瀬すず_地元の評判_05

広瀬すず_地元の評判_06

広瀬すず_地元の評判_07

広瀬すず_地元の評判_08

広瀬すず_地元の評判_09

広瀬すず_地元の評判_10

広瀬すず_地元の評判_11

SNSでこれだけ叩かれてる広瀬すずですが、姉の広瀬アリスの上に、お兄さんがいらっしゃるのをご存知でしょうか?


広瀬すずの兄

可愛い広瀬アリス・すず姉妹の兄ですから、イケメンなんだろうな~と予想出来ますが、やはり凄い美形です。

ただし、一般人ですが。


Twitterのアカウントが特定される

広瀬すずの兄

2014年1月以降、投稿が止まってるので、今は新しく別のアカウントを取得しているのか、そもそもTwitterをやってないと思われますが。。。

それまでは、普段の生活で妹達とのことを普通に呟いてました。

→ その後、2018年 1月 15日に、飲酒運転でしかもスマホのながら運転で追突事故を起こし、過去の投稿がネット上に晒され炎上しました。

→ 【お兄さんの事故の記事 を見る】


このアカウントでの呟き


妹達の画像さえ、普通に投稿してた

お兄さんにとって、広瀬すずは 5歳年下ですので、可愛くってしょうがないみたいですね。

芸能界では『飛ぶ鳥を落とす勢い』とまで言われるほどの人気者が、家族の間では垣間見せる『オチャメ』な顔。

なまじ演技力が有るから映画やドラマに引っ張りだこですが、こんな表情を見れば「バラエティ番組やお笑い系もいいんじゃね?」って思えてしまうのは私だけでしょうか?

ただ、画像の投稿が引き金となって、お兄さんのアカウントが特定されてしまったという話があります。

そして広瀬すずみたいな人気者のイメージは事務所が決める事であって、彼女の身内が勝手に暴露画像を晒すのはマズいと思うんですよね。

有名人の家族としては、チョット軽率だったんじゃないかな?

オフの時はこんな表情で遊んでるんでしょうね~!

お兄さんにとっては『可愛いちび』かもしれませんが、あまり暴露画像を晒すのはオススメ出来ないですね。

何か有った時、こういう SNS からイチャモンつけられて、袋田叩きに遭ってしまうもんですから。。。


すずだけじゃなく、アリスの画像まで!

おぉ!これはアリスの『変顔』ですね~。笑

こんな画像、アリス本人なら事務所も彼女に注意すればいいのですが、仮にも『一般人』のお兄さんが投稿しちゃうとか、事務所も対応が難しいんじゃないでしょうか?

その直後に普通の顔も投稿してますが、「時既に遅し」ですね。苦笑

でもチョット不思議なのが、芸能人の実兄で、普段の様子を発信出来る立場の人が持ってるアカウントにしては、フォロワーが 392 とかって「あり得ない!」数字なんですよね。

こんなに出し惜しみせず広瀬姉妹のプライベート画像を発信してたら普通、3 ~ 4 桁は違うと思いますがね。。。

広瀬すず_026_兄_呟き_07


で、Facebook もやってたそうで

ただ、このアカウントも2014年1月以降、更新されてないので、今は新しく別のアカウントを取得しているのか、そもそもFacebookをやってないかもしれませんが。。。

→ この Facebook も、今回の 2018年 1月 15日の交通事故が引き金となって大炎上、削除されてしまってます。

→ 【お兄さんの事故の記事 を見る】


お兄さんの名前は『大石晃也(おおいしこうや)』らしい

アカウント名が『こーや』ですし、実の妹の広瀬すずの本名が『大石鈴華(おおいしすずか)』なので、『大石こーや』だろうという事はスグにわかると思います。

で、『こーや』がどうして『晃也』なのかはよく分かりません。

→ 後日、2018年 1月 15日の交通事故の報道で、『大石晃也』と、フルネームが晒されてしまってたので、間違い無いと確認が取れました。

高校卒業後、大学に進学したそうですが、高校も大学も特定出来てませんね。

巷では「芸能界デビューもある?」と言ったウワサも有りますが、今の所は何も聞きません。

かなりのイケメンなので、確かに有り得るんですが。。。


お兄さんにも『悪いウワサ』があるらしい

広瀬すず兄_悪いウワサ_01

どうやら、お兄さんには、他人の彼女を勝手に「自分の元カノ」と呼ぶ、変な『クセ』があるらしいですね。

妄想癖なのか、単なるカッコつけなのか?

ここでは「無害だから放置」となってますが、ホントなんでしょうか?

まぁ、『いじめっ子』とか『性格が悪い』と言った類のウワサではないですが、『無害』とは言え、こんなウワサもちょっと悲惨ですよね。

一般人のうちからコレですから、芸能界にデビューでもしたら、それこそ色んなウワサが出て来る可能性が高いです。


交通事故

お兄さんの場合、単なる『悪いウワサ』では済まなくなってしまいましたね。

残念です。

→ 【広瀬すずの兄の事故の記事 を見る】


まとめ

広瀬すずが『いじめの主犯』みたいなウワサも、基本的に「火の無い所には煙はたたない」と言いますし、ある程度信憑性があると思えます。

小説の検証では、『いじめの詳細』について実証する証拠が皆無で、しかもあまりに現実離れしており、全部を鵜呑みにして信じる事は難しいと思いました。

そして、小説の筆者は「名前は伏せる」と言いながら、広瀬すずの事を言ってると判るように情報を散りばめてて、そのやり方は非常に巧妙です。

その筆者が小説で意図する事は何だったのでしょう?
疑問ばかりが残る結果となり、広瀬すずが小説で言われてたような凄惨ないじめをしてたという確証には、まるで至りませんでした。

性格的に非常にハッキリしてる彼女は敵も多いでしょうし、アンチも多いでしょう。
なので尚更、小説の内容は100%信じるわけにいきません。

ただし、彼女が性格が悪いというウワサはかなり聞きますので、少し調べてみました。

→ 【広瀬すず – 2017年現在の彼氏は?野村周平とはどうなのか?性格悪すぎってホント? を見る】

そして、(チョット変わった)お兄さんがいらっしゃいますが、広瀬すずの事が可愛くてしょうがないみたいです。

いくら家族であっても、小説の中で書かれてたようないじめをする人間の事を、可愛いと思えるものでしょうか?

ネット上に転がってる情報は、全て『ウワサ話』であり、証拠となるものが殆ど無いです。
そして誰もが手軽に『ウワサ話』を拡散して、勝手に判断したりしてしまう、恐ろしい時代です。

不確かな情報に踊らされない為にも、出来るだけ多くの情報を集め、出来ればポジティブとネガティブ両方の情報を集めて照らし合わせ、最後に自分のアタマで判断するようにしないといけません。


【追記】

中学校、高校時代はどうだったか、色んなウワサがありますが、アンチの流したウワサも多いかも知れませんが、彼女の場合、姉のアリスとの絡みで、チョット気になる事が有ったので、記事にまとめてます。

→ 【姉のアリスと冷戦状態!? の記事を見る】


 

この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです。