ガッキー_2003_09
写真出典 http://www.nicola.jp/gallery/

こんにちは、Anejo(アネホ)です。

今や人気絶頂の『ガッキー』こと新垣結衣さんが芸能界デビューのキッカケとなったティーンズファッション雑誌『ニコラ』で表紙を飾った写真を集めてみました。


ガッキーのプロフィール

ドラマ『逃げ恥』でその人気を不動のものにしたガッキーですが、あまりご存知ない方の為に、簡単にですがプロフィールをお伝えしましょう。

職業 女優・ファッションモデル
本名 新垣結衣
生年月日 1988年6月11日
出身地 沖縄県 那覇市
身長 169cm(?)
体重 51.4kg(?)
血液型 A型
趣味 写真撮影・落書き・掃除・寝る事

御存知の方も多いですが、ガッキーは沖縄県 那覇市出身です。

ガッキーは中学生の時、10代向けのファッション誌ニコラ』でモデルデビュー、表紙を飾った回数は 15回で、ニコラでは伝説になっているそうです。

ニコラのモデル『ニコモ』卒業後、TVCMやドラマ、映画へと着実にキャリアアップしていきました。
→ 詳しいプロフィールはこちら


ニコモ(ニコラのモデル)になったいきさつ

ガッキーは3人姉妹の末っ子で、上には、9歳年上と5歳年上の、お姉さん2人が居らっしゃいます。


5歳年上のお姉さん

そのうちの5歳年上のお姉さんは当時、ティーンズファッション誌『ニコラ』の愛読者で、ガッキーが中学校1年生の時に『ニコラ』の読者モデル『ニコモ』のオーディションが有る事を知ります。

なお、オーディションの応募資格は、

10歳〜15歳(中3)までの女児で、身長が150cm以上、国籍・居住地は問わない

となっていて、このとき18歳のお姉さんは年齢的に応募出来ません。

そこで本当はお姉さんがモデルをやりたかったのですが、「私はもうできないから」と、妹のガッキーを推す形となって、第4回(2001年6・7月号募集)のオーディションに応募する事に。

ガッキーは当時、写真を撮られたりするのが苦手で、あまり気が乗らなかったものの、結局応募する事になったそうです。


5歳年上のお姉さんって、どんな人?

ガッキーのお姉さんですから、きっと美人なんでしょうね~!?と興味が湧くところですが、残念ながら、現時点ではお姉さんについて確かな情報は入手出来てません!

しかし、その上で悪あがきしながら情報を集めてみました。

新垣泉子アナ
写真出典 http://blog.tnc.co.jp/arakaki/

よく、「アナウンサーの『新垣泉子』さんでは?」という噂が出ているみたいですね。

でも、『もっちぃ』こと新垣泉子アナは福岡県出身ですし(ガッキーは沖縄県)、3歳年上なので、年齢的にも合致しません。

とても美しい方ですが、ガッキーとは顔も似てないですしね。

沖縄県については、新垣泉子アナは「以前、暮らしていたことはある」との事ですが、出身ではありません。

それと、姓が同じ『新垣』なので、何かと不便な思いもされたかもしれませんね。


ガッキーのお姉さんはメンヘラ!?

ガッキーは自身で「私の姉はメンヘラで、ちょっと恥ずかしいんですよね」と言ってた事があります。

『メンヘラ』とは、ネット用語で『心が少し病んでる人』という意味ですが、さすがに自分の身内の事を公然と「病んでる」という人は居ないので、軽い気持ちで『少し困った性格』と言いたかったんでしょうね。笑

そういうガッキーこそ、『天然』じゃないの?と思わせるエピソードです。

言っておきますが、新垣泉子アナはガッキーのお姉さんでもないですし、メンヘラでもありません、あしからず。


ガッキーの性格はお姉さん譲り?

お姉さんは少し変わった性格らしい?ですが、ガッキー自身も少し変わった性格で、ファンの間では『天然』とよく言われています。

これはお姉さんの性格が少なからずとも影響されているかもしれませんね。

普段、きめ細かい心配りも出来る程よく気がつくガッキーは、その反面『ポ~』としてて何を考えてるか分からない時も有る2面性が有るようです。


やってしまった珍回答!

なんと、映画『S-最後の警官-奪還』の舞台挨拶で、ガッキーの天然がモロに発揮されてます。

この映画のサブタイトルにもなっていた『奪還』に因んで「奪還したいものは?」と聞かれた時に、ガッキーから、

「左側の筋力!」

という謎な珍回答が返ってきたのです。笑

実は、ガッキーはその頃、自分の左側の筋力が弱いのに悩んでいて、筋力トレーニングに励んでいたのですが、それを説明もせずいきなり「(左側の筋力を)奪還したい!」と言う意味で回答したようです。笑


いずれにしても、お姉さんのおかげ!

ガッキーはお姉さんの性格について困っている様な事を発言していましたが、同時に感謝しているようです。

当然な事ですが、やはり芸能界デビューして、現在ここまで活躍出来ているのも、元はと言えば、お姉さんがニコモオーディションに後押ししてくれたお陰ですからね。


ニコモオーディションでグランプリ受賞

ガッキー_2001_10_グランプリ受賞
写真出典 http://pinky-media.jp/

さて、ニコモ第4回(2001年6・7月号募集)のオーディションに応募する事になったガッキーですが、応募者数5530人の中、

書類審査通過
 ↓
面接審査通過
 ↓
最終審査も通過(11人)
 ↓
グランプリを受賞(5人)!

という超難関を突破してしまいます。

この時グランプリを受賞した他の4人の顔ぶれは、塚越星良、太田莉菜、内田真莉菜、日笠麗奈でした。

元々は乗り気でなかったそうですが、各段階の審査を通過していく過程で、段々と「やりたい!」という気持ちが芽生えてきたそうです。


ニコラ表紙を飾ったガッキーの写真、一挙紹介!

それでは、ニコラの表紙を飾ったガッキーの高画質写真を、時系列に沿って紹介していきましょう。


2002年

ガッキー_2002_01
写真出典 http://www.nicola.jp/gallery/

2002年の1月号です。

上の写真は2001年10月号でグランプリ受賞の発表になったものですが、左の写真のように、ガッキーは早速2002年の1月号から表紙を飾ってます。

え?「笑顔がわざとらしい?」笑

それと、グランプリ受賞時に有った八重歯が抜いてありますね。

抜いてスグだと顔が腫れているので、この号の撮影が前の年の12月だとすると、11月頃から既に抜歯による歯列矯正を始めていたということになりそうです。

抜歯した場合、顔、特に口元に大きな変化が現れてくるので、ガッキーのデビュー当時とその後(特に現在)とを単純比較して「整形してるw」などとは言えません。


ガッキー_2002_03
写真出典 http://www.nicola.jp/gallery/

2002年の3月号です。

この角度から見ると、八重歯を抜いた後の隙間があるかどうか判りませんね。

八重歯を抜いたと思われる前の年の11月からこの号の撮影まで3ヶ月ですから、まだ隙間は残ってると思われます。

だからかもしれませんが、それがハッキリしないような角度から撮影してるんでしょうね。

それにして、とってもボーイッシュ!


ガッキー_2002_04
写真出典 http://www.nicola.jp/gallery/

2002年の4月号

笑顔のわざとらしさが無くなり、だいぶ慣れてきたんじゃないでしょうか。

八重歯を抜いた後の隙間は相変わらず見えない角度ですが、これは意図的にしているのかもしれませんね。

3月号に引き続き、既に3回目の表紙登場です。


ガッキー_2002_09
写真出典 http://www.nicola.jp/gallery/

2002年の9月号

一人で表紙を飾ってます。

照明がチョット眩しいのかな?目元が微妙に違って見えますが、少しオトナっぽくなったと思いませんか?

「可愛い」というより「美しい」と言う方が適切な写真です。

また、「八重歯、八重歯」としつこいようですが、抜歯したと思われる前の年の11月から9ヶ月経ってるので、さすがに隙間が無くなって綺麗になってますね。

今号で4回目の表紙登場です。


ガッキー_2002_10
写真出典 http://www.nicola.jp/gallery/

2002年の10月号

上の9月号の時に感じた目元の違いが無くなり、よく見るガッキーの表情に戻ってますね。

どっちも可愛いに違いないですが、こっちはチョット子供っぽくなったかな?

よく整形疑惑を言う人が居ますが、中学生の頃はまだ顔立ちも完成してないし、照明次第で表情も変わるので、少なすぎる写真情報だけで整形いたか判断するのはどうか?と思います。

この号で5回目の表紙登場になりました。


2003年

ガッキー_2003_02
写真出典 http://www.nicola.jp/gallery/

2003年の2月号

もうこの頃になると少しオトナっぽくなって来た感じですかね。

明らかに表情に女の子っぽさ(色っぽさ)が含まれてきたように感じませんか?

この号で6回目の表紙登場、いいペースです。


ガッキー_2003_05
写真出典 http://www.nicola.jp/gallery/

2003年の5月号

2回目の単独での表紙です。

2月号の写真よりボーイッシュ?な感じですが、男の子っぽい → 女の子っぽい → 子供っぽい → 大人っぽいなどを繰り返して、顔立ちがだんだん出来上がっていくんですね。

なお、この写真を見たガッキー本人は、「がむしゃらに笑ってる」と言ってたそうですよ!

それにしても『キラキラ光っている』という表現がピッタリの笑顔です。

この号で7回目の登場。


ガッキー_2003_09
写真出典 http://www.nicola.jp/gallery/

2003年の9月号

3回目の単独での表紙。

いままでの表情からチョットおすましポーズですね。

前回の5月号から4ヶ月経って久々の表紙登場ですが、2002年度より少し落ち着いたペースなのかな?

とは言え、今号で8回目です。


ガッキー_2003_11
写真出典 http://www.nicola.jp/gallery/

2003年の11月号

いや~この表情、個人的には一番好きだな~!

でも、2002年の9月号とどことなく似た表情では?

もう、「え?マジ?中学生?」と言えそうな『ウ・ツ・ク・シ・サ』ですが、表情というか顔立ちがまだ出来上がってない証拠ですね。

この年は結局4回表紙を飾り、通算では9回になりました。


2004年

ガッキー_2004_03
写真出典 http://www.nicola.jp/gallery/

2004年の3月号

4回目の単独での表紙。

ネット上では、あまりにも『整形疑惑』が横行してますが。。。

この号の写真を見て「この頃は鼻が丸かったから、整形してる」という人も居るかもしれませんが、2003年の11月号の鼻を見てください。

その時は逆に、スッキリとした、細い鼻スジに見えます。

整形で鼻を丸くした?ワケないですよね。

通算で10回目の表紙登場ですね。


ガッキー_2004_06
写真出典 http://www.nicola.jp/gallery/

2004年の6月号

5回目の単独での表紙。

また少しオトナっぽくなって来た感じですかね。

そして、今のガッキーの顔立ちにだいぶ近付いて来ました。

通算で11回目の登場!


ガッキー_2004_10
写真出典 http://www.nicola.jp/gallery/

2004年の10月号

6回目の単独での表紙ですが、いつもとチョット違う雰囲気と思いませんか!?

かなりオトナっぽいですね。

通算で12回目の登場!


2005年

ガッキー_2005_02
写真出典 http://www.nicola.jp/gallery/

2005年の2月号

7回目の単独での表紙。

お分かりか?と思いますが、2004年の3月号からは、ずーっと単独で表紙を飾ってます。

これは、『ある事柄』がきっかけとなっているんじゃないかな?と思うんですね。

で、今号で通算13回目の登場。


ガッキー_2005_05
写真出典 http://www.nicola.jp/gallery/

2005年の5月号

この号で最後、『ニコモ』卒業となります。

デビュー当初に比べると、だいぶ大人っぽくなってきましたね。

通算で14回目の登場。。。あれ?

表紙を飾った回数は15回じゃなかったっけ?


ガッキーブック

ガッキーブック
写真出典 https://www.amazon.co.jp/

そう、これが話題の『ガッキーブック』

ガッキー特集号で、2004年4月号の『増刊号』として出版されました。

ちなみに、ニコラから特定のモデルだけを扱った増刊号が出たのは、後にも先にも『ガッキーブック』のみだそうです。

2005年の2月号で触れた『ある事柄』というのは、実はコレです。

2004年にもなるとガッキーの人気が圧倒的で、「別冊を出そう」という事で4月に出版されたのが『ガッキーブック』。

それだけの『超人気』のニコモだからこそ、表紙を単独で飾り続ける事が出来たんじゃないかな?と。

そして、これを合わせると表紙を飾った回数はトータル15回になります、メデタシメデタシ。


整形疑惑について

キレイな女優さんとかに必ず出てくる『整形疑惑』ですが、ガッキーにもそんなウワサや疑いがかけられてますが、どうなんでしょうか?


髪型やメイク、照明の違いでも顔立ちが違って見える!

ニコモ時代の表紙の写真を全て見てきましたが、ガッキーは毎回違った雰囲気(極論すれば顔立ちとまで言っても良い)が違ってますが、それは髪型やメイク、照明の違いに拠るもののようです。


幼い子供に整形?

そもそも、顔立ちの固定してない、まだ幼いうちに整形するのは如何なもんでしょう?

美容整形医の一般的なガイドラインとして、

顔の部位によっても成長の終わる(固定化する)時期が違うものの、例えば、まぶたは10~12歳で止まるので、その後であれば整形しても問題ない

しかし、鼻の場合は成長が終わるのがもっと遅く、体の成長が止まる16歳と同等で、それまで整形は控えた方が良い

だそうです。
(ガッキーの場合、最近になってやっと成長が止まったっぽい?ですしね)

成長途中で整形してしまうと、さらに成長した分、調整するためにまた整形し直す必要も出てくるので、一般的には整形外科病院では薦められてないワケです。


ガッキーは整形してない

という事で、結論としては、

ガッキーは少なくともニコモ時代は整形してない!

と考えられます。

上記で、

2003年の11月号では鼻スジがスッキリ細いのに、
2004年の3月号では少しモッコリした丸い感じです。

通常、美容整形ではモッコリした丸い鼻を、スッキリ細くするものですが、もしこの状況を整形のせいだとすれば、わざわざお金を掛けて、苦痛を伴ってまで、細い鼻スジを丸くする事なんて有りえません。


まとめ

時系列を遡ってしっかり検証すれば、この違いというものが、単純に表情から来るものだという事がハッキリすると思います。

元々、キレイでスッキリ細い鼻スジでしたから、成長が(恐らく)止まった最近になってわざわざ整形してるとも考えにくいです。

私は整形外科医でもなんでもない、ただの呑んだくれオヤジですが、ネット上で疑ってる人には、もっと丁寧に検証してもらいたいですね。

さて、今後はどういう役を演じるのでしょう、さらに美しさが増し、女優として飛躍し続けるガッキーからは、一時も目が離せませんね~!


 

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです。