有村架純_006
写真出典 https://pinky-media.jp/

こんにちは、Anejo(アネホ)です。

いい画像でしょ?
2013年の『あまちゃん』出演から絶賛大ブレイク中の有村架純さんについて、プロフィール詳細、出演したドラマ・映画などを、今更なんですが調べてみました。


プロフィール

職業 女優
本名 有村架澄
生年月日 1993年2月13日
出身地 兵庫県 伊丹市
学歴 伊丹市立 西中学校 卒業
兵庫県立 伊丹西高等学校 中退
家族 母、姉(有村藍里)
身長 160cm
体重 48kg(?)
血液型 B型
趣味 ダンス、お菓子作り、散歩、買い物
好きな食べ物 寿司
特技 書道、ソフトテニス、笑うこと、料理

本名は芸名と微妙に違う!

有村架純_001

さて、左の写真は中学校の卒アル写真と思われます。

すると、「あれ?」と気付かれた方も多いと思いますが、どういうワケか、本名は芸名と一字違いの、『有村架だったんですね。

何でワザワザ、一字違いの『有村架にしたんでしょうね~?
(どうせだったら、本名と同じにしちゃえば良かったのに!笑)

残念ながら、そのいきさつについて確かな情報はありませんが、字画を適切にしたというウワサがあります。

ところで、写真をよく見ると、全体的には今とあまり変わらないですが、眉毛が今より釣り上がり気味です。

つまり、どちらかと言えばおっとりした感じがする今とは違い、勝気そうな表情をしてると思いませんか?

実は、彼女が負けず嫌いの頑張り屋さんだとわかるエピソードがあるんです。


女優を目指すようになり、オーディションを受ける

有村架純は中学三年生の時、自分と同年代の役者さんがテレビやドラマで活躍しているのを見るにつけ、

「このシーン、自分だったらこう演じる」
と、ごく自然に考えてる自分に気付き、中学三年生の冬、事務所FLaMme(フラーム)のオーディションを受けたんですが、残念ながら不合格!

「とにかく悔しくて、絶対に見返してやりたかった」
との意気込みで、不合格になった原因を克服、1年後に再チャレンジして、見事合格を勝ち取りました。

この事についてもっと詳しく書いた記事がありますので、興味の有る方はこちらを御覧ください。

→ 【事務所 FLaMme のオーディションに受かるまでを詳しく見る】


兵庫県出身

有村架純_伊丹市
写真出典 http://aranishi.hobby-web.net/

そして有村架純は兵庫県 伊丹市の出身ですね。

彼女が 2013年12月19日、伊丹市役所を訪ねた折、市長から伊丹市のPRを依頼する『伊丹大使』の委嘱状を授与されたそうです。

左の写真はその時、記念に撮影されたものです。

なお、右側に居るのは、伊丹市のマスコットキャラクター、『たみまる』です。

カッパかな?と思ったら、カモだったんですね。笑


学歴

小学校の情報は見つかりませんでしたが、中学校、高校はプロフィール表に書かれた通りで、

◆ 伊丹市立 西中学校 卒業
◆ 兵庫県立 伊丹西高等学校 中退

です。

上の記事と少し被りますが、整理すると、

2008年、中学3年生の時から女優を目指し、オーディションを受ける(冬)も不合格、そして

2009年、高校1年生の時(12月)に再チャレンジで合格し、上京する資金を稼ぐためにバイトを開始、

2010年、高校2年生の秋、事務所に所属する事になり高校を中退、上京して芸能活動に専念し始める。。。

といった流れですが、特にバイトは学校に通いながら、寿司屋蕎麦屋でバイトに明け暮れてたそうです。

なお、県立の高校を中退した後は、他の高校に編入とかしてないようですね。
とはいえ、役者さんにとって『学歴』なんて全然関係ないですが。笑


家族

有村藍里_001
写真出典 https://cdn.mdpr.jp/

有村架純の両親は、彼女が中学校に進学した頃に離婚されたそうです。

彼女はお姉さん共々お母さんに引き取られたそうですが、彼女自身、お父さんっ子だったらしく、相当寂しい思いをしたそうですね。

お姉さんはグラビアアイドルの有村藍里(旧 新井ゆうこ)(左の画像)です。

姉妹にしては「あまり似てない」ので、あるウワサが立ってしまってますが。。。

→ 【ウワサの検証記事を見る】

ご両親の離婚以来、母親と姉との3人暮らしとなりましたが、家計の厳しさから自宅を手放し、賃貸マンションへの引っ越しを余儀なくされたとの事。

お母さんは娘二人を養うのに相当な苦労をされてたようで、有村架純は

「女優になって成功して、お母さんに恩返しをしたい」

と思ったのが、女優を目指すキッカケにもなったそうです。


体重

有村架純_004
写真出典 https://static-maquia.hpplus.jp/

そもそも、体重というデータは、特に女性の場合、公開するメリットがまったく無いので、当たり前ですが、彼女の場合も非公開です。

しかし、彼女ほどの人気女優でも、どういう訳かあまり話題になってないので、有村架純の体重について検証してみました。

ネット上でよくあるのが、水着姿を見て「この位?」みたいな記事ですが、たとえ水着であっても外見だけでは体重はわかりません。

一見、痩せてるようでも、筋肉が有れば重くなりますし、無ければ軽くなりますし、骨格や骨の太さでも変わってきますから。

なので、別の切り口から私なりに彼女の体重を『予測』してみました。

よく言われてるものに、こんなのが有ります。
(身長160cmの場合)

◆ 標準体重:56.32kg
◆ 理想体重:53.76kg
◆ 美容体重:51.2kg
◆ シンデレラ体重:48.6kg

なので、独断と偏見の数字ですが、ここでは、有村架純の体重はたぶん、48kg ぐらいだろう、と妄想しておきます。笑


好きな食べ物は寿司!

寿司
写真出典 https://tblg.k-img.com/

上の記事とも少し被りますが、上京するための資金を稼ぐのに、お寿司屋さんでバイトしてたせいでしょうか、好物は寿司だそうです。笑

一人でも回転寿司に行くぐらい、好きらしいですよ!

さて、「どこのお寿司屋さんかな~?」と思ったので、チョット調べてみたらすぐに分かりました。

伊丹市内にある『栄鮨』だそうです。
(あらら回転寿司じゃなかったのね!)

なんでも、そのお寿司屋さんの店主の次女が有村架純と親友の関係だそうで、

「年に一度は帰ってきて大好きなお寿司をお腹いっぱい食べてます!」

とは店主のコメントです。

有村架純_栄鮨
写真出典 http://storyofthebeginning.com/

【栄鮨】

住所:兵庫県 伊丹市 昆陽東 1-6-7

電話:072-777-1333

営業時間:
◆ 昼 11:00 ~ 13:30
◆ 夜 16:00 ~ 22:00(日曜祝日 16:00 ~ 21:30)

定休日:火曜

席数:25席

# 阪急伊丹線の伊丹駅から徒歩で行ける距離です。

ちなみに、有村架純は

「年に一度は帰ってくる」

だそうですから、彼女のオフのタイミングをある程度目星を付けておいてこの店に通ってたら、そのうち『生』有村架純を見かけることが出来るかもしれませんよ~?笑
(ただしストーカーと間違われても一切責任持ちませんが!笑)


経歴

次に経歴に行きましょう。


2009年 (16歳) 事務所『FLaMme』のオーディションに合格

兵庫県立伊丹西高等学校在学中の12月、事務所『FLaMme』のオーディションを受け合格

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2009年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2009 ~ 2010年 を見る】


2010年 (17歳) ハガネの女でドラマ初出演!

1月、サンケイスポーツの新春企画『新春ガールズ』に出演、これが芸能界の初仕事となりました。

そして 4月に親元を離れて上京

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2010年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2009 ~ 2010年 を見る】


ドラマ『ハガネの女』(5月21日 ~ 7月2日、テレビ朝日系)

主人公、芳賀稲子の元教え子『西堀マナ』役で、ドラマ初出演!


ドラマ『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』(10月8日 ~ 12月17日、TBS系)

出番の多い、『正汽雅(まさきみやび)役として出演しています。


ブログスタート

12月、FLaMme mobileで携帯ブログをスタート。

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2010年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2009 ~ 2010年 を見る】


2011年 (18歳) CMと映画に初出演

東京ディズニーシー『春のキャンパスデーパスポート』(1月~)でCM初出演

このCMのシリーズは毎年可愛い子が出演してて、その後ブレークする子が何人もいます。

この年、有村架純は、能年玲奈(のん)と一緒に出てます。

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2011年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2011年 を見る】


ドラマ『悪党〜重犯罪捜査班』(第5話、2月25日、朝日放送 / テレビ朝日)

第5話だけですが、ドラマ『悪党〜重犯罪捜査班』で、『百瀬真奈美』役を演じてます。


映画『阪急電車 片道15分の奇跡』(4月29日公開、東宝)映画初出演

この映画では、大学受験を控え、年上の彼氏、竜太との関係もスッキリ出来ない女子高生の『門田悦子』役を演じ、映画に初出演を果たす。


ドラマ『11人もいる!』(10月21日 ~ 12月16日、テレビ朝日)

そしてドラマ『11人もいる!』『真田二子』役を演じてます。


映画『ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-』(11月26日公開、角川)で映画初主演

この映画では主役の『太田あさみ』役を演じました。
早くも映画で初主演を果たしましたね。

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2011年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2011年 を見る】


2012年(19歳)ドラマ『SPEC~翔~』『クローバー』『三毛猫ホームズの推理』他

ドラマ『SPEC〜翔〜』(4月1日、TBS系)

前作に引き続き、再び『正汽雅(まさきみやび)』役で登場。

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2012年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2012年 を見る】


劇場版『SPEC〜天〜』(4月7日公開、東宝)

『正汽雅(まさきみやび)』役を演じる。


ドラマ『クローバー』(4月13日 ~ 6月29日、テレビ東京)

昼間は高校生、放課後は派手でセクシーな女性に変身する『秋山ユイ(レイナ)』役を演じました。


ドラマ『三毛猫ホームズの推理』 第8 ~ 9話(6月2日 ~ 9日、日本テレビ)

女子大生の『村瀬明日香』役を好演してます。


ドラマ『ぼくの夏休み』 第2部(8月6日 ~ 31日、東海テレビ)

主役の青山和也の妹、『青山はる菜』役を演じる。


ドラマ『つるかめ助産院〜南の島から〜』(8月28日 ~ 10月16日、NHK)

結婚もしてないのに妊娠してしまい、つるかめ助産院に通院する『上原サヨリ』役を演じてます。


ドラマ『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』 第7話(11月23日、テレビ東京)

変身の呪文でムラサキになりすました魔物、『偽ムラサキ 』役を演じました。

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2012年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2012年 を見る】


2013年 (20歳) アメーバブログをスタート(7月)

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2013年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2013年 を見る】


ドラマ『お助け屋☆陣八』(1月10日 ~ 3月28日、読売テレビ)

四代目の助っ人、神谷輝道の娘『神谷萌』役を演じる。
# なお、神谷萌のスピンオフ・ドラマ『お助け屋☆もえ』(全4話)が2013年2月28日より読売テレビのYouTube公式チャンネルで配信された。


映画『リトル・マエストラ』(2月1日公開、アルゴ・ピクチャーズ)

天才指揮者と期待されたが、実際は何1つ楽器が満足に弾けない、茶髪で派手好きな落ちこぼれだったものの、最終的に『天才少女指揮者』に仕立てあげられる女子高生、『吉川美咲』役を演じる。


映画『コドモ警察』(3月20日公開、東宝映像事業部)

渡辺稔(鏑木海智:ナベさん)と下山武雄(青木勁都:イノさん)の取り調べを受ける『女子高生』役を演じてます。


連続テレビ小説 『あまちゃん』(4月1日 ~ 9月25日、NHK)

小泉今日子演じる主人公の母親(天野春子)の青年期を演じて人気を博し、数ヶ月で大ブレイクを果たします。

その結果、ニホンモニターによる『2013タレントCM起用社数ランキング』でいきなり圏外からトップ10入り

そして、VIPタイムズ社(『日本タレント名鑑』発行元)による業界人1,000人を対象としたアンケートで選ばれた『2014年にブレイクを期待するタレント』で女性部門1位になるなど、注目を集めます。


ドラマ『世にも奇妙な物語’13春の特別編「石油が出た」』(5月11日、フジテレビ)

主人公、湯元義弘を助け、最終的に結婚する『辻浦澄子』役を演じる。


ドラマ『スターマン・この星の恋』(7月9日 ~ 9月10日、関西テレビ)

主人公、宇野佐和子のスーパーマーケットやまとの同僚『臼井祥子』役を演じる。


ドラマ『謎解きはディナーのあとで スペシャル 船上探偵・影山 CASE2「王子様をお探しでございますか?」』(7月31日、フジテレビ)

運命の人を探して乗船してきた『シオタ・ユミコ』役を演じてます。


劇場版『SPEC〜結〜 漸ノ篇』(11月1日公開、東宝)

『正汽雅(まさきみやび)』役を演じる。


映画『JUDGE/ジャッジ』(11月8日公開、東宝映像事業部)

ブログで暴言を吐き炎上させたアイドル『ライオン( 朝比奈まゆ)』役を演じました。


ドラマ『チキンレース』(11月10日、WOWOW)

看護師、神谷猛(岡田将生)の先輩看護師『櫻井久美』役。


ドラマ『こうのとりのゆりかご〜「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来〜』(11月25日、TBS)

高校の同級生との子を自宅で一人で出産した後、赤ちゃんを抱いて聖母子病院へやってきた『新山歩美』役を演じる。


劇場版『SPEC〜結〜 爻ノ篇』(11月29日公開、東宝)

『正汽雅(まさきみやび)』役。


『伊丹大使』に任命

そして12月19日、出身地の伊丹市より『伊丹大使』に任命される。

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2013年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2013年 を見る】


2014年 (21歳) 声優に初挑戦

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2014年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2014年 を見る】


ドラマ『失恋ショコラティエ』(1月13日 ~ 3月24日、フジテレビ)

主人公、小動爽太(松本潤)の妹『小動まつり』、大学生の役です。


ドラマ『MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜』(4月10日 ~ 5月22日、TBS / WOWOW)

新谷(池松壮亮)が入院中に知り合い、自身の素性調査を依頼したフリーライター『中島葵美』役を演じる。


『弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』(4月12日 ~ 6月21日、日本テレビ)

小田原城徳高校の野球部マネジャー『樽見柚子』役を演じてます。


特撮コメディー映画『女子ーズ』(6月7日公開、キングレコード)

世界征服を企む怪人たちと戦う戦隊のメンバーにさせられた5人の女子を描いた『女子ーズ』。

その中の一員で、アングラ劇団『カオスの彼方』の劇団員でありながら、実際は大根役者のため良い役を貰えていないという『緑山かのこ(グリーン)』役を演じる。


アニメ『思い出のマーニー』(7月 公開、スタジオジブリ)

敢えてオーディションを経てダブルヒロインの1人『マーニー』役に抜擢され、声優に初挑戦


8月、映画 『ストロボ・エッジ』の役作りのため、デビュー以来一度も短くしたことのなかった髪を20cmカット

本人の意思で、「役に近づけたい」という思いから切ったそうです。

そして切り終わったあと、「役で外見を変えてみたいという思いがずっとあったので、すごく新鮮な気持ちで過ごせている気がします」とすっきりした様子だったとの事。


舞台劇『ジャンヌ・ダルク』(10月7日 ~ 24日、赤坂ACTシアター)

15世紀初頭のフランスを舞台に、神の啓示を受けてフランスの救世主として立ち上がるも、たった19歳で火刑台に消えた悲劇の女戦士『ジャンヌ・ダルク』役を、初舞台にして初主演で挑みました。


映画『平穏な日々、奇蹟の陽』(11月7日公開、アドウェイズピクチャーズ)

東京でモデルの仕事が上手くいかず、地元に戻って来た主人公『紗季』役を演じる。


アニメ『くるみ割り人形』(11月29日、アスミック・エース)

主人公『クララ』役を演じてます。


ドラマ『隣のレジの梅木さん』(12月21日、フジテレビ)

人には言えない悩みを抱えた女子大生『沢村美香』役を演じる。

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2014年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2014年 を見る】


2015年 (22歳) 『映画 ビリギャル』で金髪ギャルの役に挑戦、話題に

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2015年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2015年 を見る】


映画『ストロボ・エッジ』(3月14日公開、東宝)

素直で純粋な高校生の主人公『木下仁菜子』役を演じてます。


ドラマ『ようこそ、わが家へ』(4月13日 ~ 6月15日、フジテレビ)

主人公、倉田太一(寺尾聡)の娘『倉田七菜』役。


映画『映画 ビリギャル』(5月1日公開、東宝)

学年ビリだったのに、たった1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格したギャルの主人公、『工藤さやか』役を演じて話題に!

この映画、海外でも評判が良くて、なんと英国でまだ上映中との事です!


ドラマ『永遠のぼくら sea side blue』(6月24日、日本テレビ)

ドラマ『永遠のぼくら sea side blue』で主役『松岡あおい』を演じ、地上波ドラマで初主演


連続ドラマ『海に降る』(10月10日 ~ 11月14日、WOWOW)

ドラマ『海に降る』で主役『天谷深雪』役を演じ、連続ドラマ初主演を果たす。


ドラマ『世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP 傑作復活編「昨日公園」』(11月21日、フジテレビ)

東京の大学に進学し、疎遠となってた親友、隆子を死の運命から救う事に奔走する、主人公『中島美和』役を演じる。


NHK紅白歌合戦で審査員を務める

12月31日放送の『第66回NHK紅白歌合戦』で審査員を務める。

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2015年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2015年 を見る】


2016年 (23歳) 民放連ドラ初主演・日本アカデミー賞で受賞!

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2016年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2016年 を見る】


ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(1月18日 ~ 3月21日、フジテレビ)

フジテレビ月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で、介護施設『春寿の杜』で勤務する『杉原音』を演じ、同枠および民放連続ドラマ初主演


日本アカデミー賞(3月4日)で大活躍

3月4日の『日本アカデミー賞』授賞式で、前年、主演に初挑戦した映画『映画 ビリギャル』での演技により、第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞、および新人俳優賞を受賞。

また『ストロボ・エッジ』『映画 ビリギャル』での演技により第58回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞。


映画『僕だけがいない街』(3月19日公開、ワーナー・ブラザース映画)

主人公、藤沼悟(藤原竜也)と一緒にピザ屋でアルバイトをしていて、彼が交通事故で入院中に見舞いに来たのを機に親しくなる『片桐愛梨』役を演じる。


映画『アイアムアヒーロー』(4月23日公開、東宝)

主人公、鈴木英雄(大泉洋)と富士の樹海で遭遇し、行動を共にする女子高生『早狩比呂美』役を演じました。


映画『夏美のホタル』(6月11日公開、イオンエンターテイメント)

今はない父親からカメラとバイクを受け継いだ写真学生の主人公、『夏美』役を演じてます。


映画『何者』(10月15日公開、東宝)

御山大学の演劇サークルで脚本を書き、人を分析するのが得意な主人公、二宮拓人(佐藤健)が思いを寄せる社会学部の学生、『田名部瑞月』役を演じる。


NHK紅白歌合戦で紅組司会者を務める

12月31日放送の『第67回NHK紅白歌合戦』で紅組司会者を務める。
(対戦相手の白組は嵐の相葉雅紀)

自身にとっては初の司会業となる。

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2016年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2016年 を見る】


2017年 (24歳)

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2017年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2017年 ~ を見る】


映画『3月のライオン』(前編:3月18日公開・後編:4月22日公開、東宝 / アスミック・エース)

幼少時、交通事故で家族を失い、父親の友人である棋士、幸田柾近(豊川悦司)の内弟子として引き取られ、15歳で将棋のプロ棋士になった主人公、桐山零(神木隆之介)に逆恨みを持つ、幸田柾近の実子、『幸田香子』役を怪演してます。


2017年前期連続テレビ小説『ひよっこ』(2017年4月3日 ~ 9月30日予定、NHK)

主人公『谷田部みね子』

# 脚本の岡田惠和の強い要望もあり、オーディションを行わずに主演が決まった。

注:この記事ではダイジェスト版を記してます。
2017年の詳しい経歴をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2017年 ~ を見る】


この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです。