有村架純_006
写真出典 https://i.ytimg.com/

こんにちは、Anejo(アネホ)です。

いい画像でしょ?

2010年のデビュー以来、物凄い数のドラマ・映画に出演、全力疾走でキャリアアップしてる有村架純さんについて、プロフィール詳細、2015年に出演したドラマ・映画などを、今更なんですが調べてみました。


有村架純のプロフィール

今や人気絶頂となった有村架純ですが、『もし仮に』あまりご存知ない方が居らっしゃった場合の為に、簡単にですがプロフィールをお伝えしましょう。

もしもっと詳細を知りたい方はこちらをどうぞ!

→ 【有村架純のプロフィール詳細 を見る】

職業 女優
本名 有村架澄
生年月日 1993年2月13日
出身地 兵庫県 伊丹市
身長 160cm
体重 48kg(?)
血液型 B型
趣味 ダンス、お菓子作り、散歩、買い物

経歴 2015年

次に経歴に行きましょう。


映画『ストロボ・エッジ』(3月14日公開、東宝)

ストロボエッジ
写真出典 https://i.ytimg.com/

あらすじ

木下仁菜子(有村架純)は、他の女の子たちと同じく、学年一の人気者、一ノ瀬蓮(福士蒼汰)を眺める日々を送る、素直で純粋な高校生。

クラスでは是永大樹(入江甚儀)と『公然の仲』のような扱いを受けていたが、帰り道の電車の中で蓮と遭遇。

それ以来、何かと蓮と関わる機会が増え、彼との他愛ない会話や優しい笑顔に、仁菜子に今までなかった感情が芽生え始める。。。

『別冊マーガレット』(集英社)で、2007年7月号 ~ 2010年9月号まで連載されていた、咲坂伊緒の漫画が原作となっている。

視聴サービスアフィリ_019


ドラマ『ようこそ、わが家へ』(4月13日 ~ 6月15日、フジテレビ)

ようこそわが家へ
写真出典 https://matome.naver.jp/

あらすじ

銀行員の父と楽天的な母という、ごく平凡な家庭で暮らす29歳の倉田健太(相葉雅紀)はある日、電車の列に割り込もうとするニット帽をかぶった男を注意する。

その男は電車を降りてからも健太を尾行し続け、その日以来、健太の家には執拗な嫌がらせが続くようになる。

そんな時、彼はタウン誌の記者として働く神取明日香(沢尻エリカ)と出会うが、彼女は健太がニット帽の男を注意した際、その場に居合わせていたのだった。

健太がそれまでにあった嫌がらせを説明すると彼女はそれに興味を持ち、以後の倉田家への嫌がらせを真犯人(=名無しさん)が見つかるまで、嫌がらせの調査に介入していく事に。

一方、倉田家への嫌がらせは更にエスカレートしていき、ついに健太の妹、七菜(有村架純)は何者かによって盗まれた自身の携帯電話を通じてリベンジポルノの被害に遭い、テレビ会社『湾岸テレビ』の最終面接の直前にとどめを刺されてしまう。

健太は名無しさんへの復讐心を新たにし、家のリビングに設置されている2つの盗聴器の前で嘘の情報を流し、名無しさんをおびき寄せようと家族に持ちかけるのだった。。。

文芸誌『文芸ポスト』の2005年秋号 ~ 2007年冬号まで、6回にわたって掲載された後、加筆修正し巻末に村上貴史の解説を収録、2013年7月5日に小学館から文庫オリジナルとして刊行された、池井戸潤の小説が原作となっている。

視聴サービスアフィリ_020


映画『映画 ビリギャル』(5月1日公開、東宝)

ビリギャル
写真出典 http://eiga.k-img.com/

あらすじ

幼い頃から学校に馴染めず転校を繰り返していたが、母親(工藤あかり:吉田羊)の勧めで、中学校~高校がエスカレーター式の中学校に入学し、勉強もせずに遊ぶ生活を続けてきた工藤さやか(有村架純)は、高校では1番出来の悪いクラスに入れられる程の転落ぶりだった。

そんなある日、さやかは担任にバッグの中からタバコのケースを見つけられ自宅謹慎になり、ちょうど夏休み前だった事もあり金髪に染めてしまったが、それを見かねた母親からある塾を勧められ、通う事になる。

ただし、入校テストでは塾の担任もお手上げの回答ばかりで、「とりあえず目標を持たなければいけない」と言われ半ば強引に志望校を慶應義塾大学にする。

それまでマトモに勉強をしてこなかったさやかだが、真剣に向き合ってくれる先生(坪田義孝:伊藤淳史)や、同じ塾にさやかと同じタイミングで入ってきた、弁護士を目指すゲーマーの森玲司(野村周平)と一緒に勉強する事で意欲を増してゆくのだった。。。

映画では、スカート丈ひざ上20cmという超ミニスカートの制服姿と金髪が話題となりましたが、坪田信貴によるノンフィクション作品が原作です。

アスキー・メディアワークスにより2013年に書籍化されてます。
映画公開に先立ち、2015年4月10日に文庫特別版が刊行されました。

視聴サービスアフィリ_019


ドラマ『永遠のぼくら sea side blue』(6月24日、日本テレビ)

永遠の僕ら
写真出典 http://www.ntv.co.jp/

あらすじ

周囲に波風をたてるのが苦手な大学3年生、松岡あおい(有村架純)は、『海の研究』を諦め、親に言われるまま、普通に就職しようとしてました。

そんな時、ふとしたキッカケで海洋大学の学生たちと知り合い、期間限定ながら海の近くの水族館で共同作業をすることに。

あおいは、自分たちの夢をひたすら追う彼らの姿に心を動かされ、彼女自身の人生も動き始めます。

そして彼らもそれに呼応するように変わり始めます。。。

視聴サービスアフィリ_020


連続ドラマ『海に降る』(10月10日 ~ 11月14日、WOWOW)

海に降る
写真出典 https://pbs.twimg.com/

あらすじ

JAMSTEC(海洋研究開発機構)で有人潜水調査船『しんかい 6500(6K)』の運航チームに所属し、6Kのパイロットになる事を夢見る天谷深雪(有村架純)の父親、天谷厚志(時任三郎)もかつてパイロット兼研究者だったが、志半ばで病死したのであった。

幼少期に父親が語ってくれた『深海の宇宙』を探索する事を目標に、深雪はパイロット候補生として日々業務にいそしんでいたが、そんなある日、深雪に6Kに搭乗するチャンスが到来する。

日本人女性初のパイロットとしての話題性もあり、JAMSTECの方でも広報活動に余念が無い中、深雪は父のロッカーから1本のテープを発見する。

そのテープの中には、かつて父親が語ってくれた『美しい深海の世界』とは程遠い、恐怖に満ちた映像が入っており、深雪の父親の最期も映っていた。

果たして深雪はその恐怖に打ち勝ち、暗黒の深海から無事帰還できるのか。。。

朱野帰子が執筆した同名小説をドラマ化。

海洋科学に関する研究機関、JAMSTEC(海洋研究開発機構)を舞台にした、壮大なるヒューマンドラマ。

JAMSTECの全面協力を得て沖縄本島近海で『しんかい6500』をはじめとした潜水船、研究船で撮影クルーが搭乗し水深1500mでの撮影を敢行、全編4K収録を行ない、深海の美しさを追求しています。

視聴サービスアフィリ_020


ドラマ『世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP 傑作復活編「昨日公園」』(11月21日、フジテレビ)

世にも奇妙な物語
写真出典 https://tv-dmenu.jp/

あらすじ

東京の大学に進学した中島美和(有村架純)は、久々に帰った故郷の公園で、いつしか疎遠になってしまった幼少からの親友、町田隆子(福田麻由子)がフルートを吹いている所に再会したが、その夜隆子が事故死したことを聞いて驚がくする。

美和はやりきれない思いを抱えて公園に立ち寄るが、そこでは昨日と同じくフルートを吹く隆子の姿を目撃する。

美和は、隆子を死の運命から救おうと奔走するのだが。。。

朱川湊人の『昨日公園』が原作。

2014年11月18日に放送された『世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春 〜人気マンガ家競演編〜』の直後に番組内で視聴者による人気投票を呼び掛けた。

総投票数92761件からトップ5本を今まで番組に携わってきた演出家(高丸雅隆、後藤庸介、岩田和行、都築淳一、植田泰史)の5名が選出、リメイクとして復活した。

選ばれたのは1991年放送の『ズンドコベロンチョ』、1992年放送の『ハイ・ヌーン』、1994年放送の『思い出を売る男』、2006年放送の『イマキヨさん』、2007年放送の『昨日公園』

ちなみに、『昨日公園』の2007年時の主演は、堂本光一

視聴サービスアフィリ_020


NHK紅白歌合戦で審査員を務める

有村架純_紅白歌合戦_審査員
写真出典 http://www.livenan.com/

12月31日放送の『第66回NHK紅白歌合戦』で審査員を務める。


まとめ

2015年はドラマがナント! 4つ、そして映画は 2つも出演してます。

大ブレイク中だからとはいえ、この数字が即ち経験値になるので、例えば5年後の彼女の演技力はどの域まで行ってしまってるんでしょうね!

今後もっとも注目の女優の中の1人である事は間違いありません!


→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2009年 ~ 2010年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2011年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2012年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2013年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2014年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2016年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2017年 を見る】


この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです。