本田翼_045
写真出典 https://www.youtube.com

こんにちは、Anejo(アネホ)です。

先月から『奥様は、取り扱い注意』が放送されてますが、観てますか~?

このドラマでドハマりしてる、ファッションモデル兼女優の『ばっさー』こと本田翼さんについて、プロフィール、2017年に出演したドラマ・映画などを調べてみました。


ばっさーのプロフィール

とりあえず、ばっさーの簡単なプロフィールを紹介させていただきますが、もし詳しい版が観たい方は、こちらをどうぞ!

→ 【プロフィール詳細 – 出演した映画・ドラマなど全て紹介 を見る】

職業 ファッションモデル・女優
本名 本田翼
生年月日 1992年6月27日
出身地 東京都 三鷹市
身長 166cm
体重 46kg(?)
血液型 O型
趣味 ゲーム、漫画、昼寝、買い物

経歴 2017年

次に経歴に行きましょう。


ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏 第5話』(2月11日放送、日本テレビ)

ドラマ_スーパーサラリーマン左江内氏
写真出典 http://www.ntv.co.jp/

このドラマは、『漫画アクション』(双葉社)に 1977年 9月 15日号 ~ 1978年 10月 26日号に掲載された、藤子・F・不二雄のSF漫画『中年スーパーマン左江内氏』を原作として、「コメディの奇才」とも称される福田雄一が脚本・演出し、制作されました。

主演は堤真一。
このドラマが日本テレビの連続ドラマとして初主演となりました。

2017年 1月 14日 ~ 3月 18日までの毎週土曜日21時 ~ 21時54分に日本テレビ系の『土曜ドラマ』枠で放送されました。

あらすじ

藤子建設営業 3課の係長、左江内英雄(堤真一)は、自ら責任を取るのが大の苦手で、部下からも呆れられる始末。

家庭では妻の円子(小泉今日子)の尻に敷かれて逆らえず、2人の子供、はね子(島崎遥香)もや夫(横山歩)にも舐められていました。

そんなある日、左江内は、見知らぬ老人(笹野高史)から「スーパーヒーローにならないか?」と声を掛けられますが、左江内は無視します。

そんな彼に付きまとってた老人は、仕方なく空を飛んでいってしまうのでした。

翌日もその老人が左江内の前に現れ、「サラリーマンのついでにスーパーヒーロー、名付けてスーパーサラリーマン!」と、しつこく勧めて来るのでした。

そんな中、左江内は、円子から「はね子がお弁当忘れたから届けてくれない?」と言われますが、大事な会議が 30分後に迫っており、とてもそんな頼みを聞いてあげる余裕も有りません。

左江内は仕方なく、老人からスーパースーツを借りる事になってしまうのでした。。。

ばっさーは、このドラマの第 5話で、実家の豆腐屋が悪徳金融会社から借りた借金を返済するため、営業 3課の課長で左江内(堤真一)の上司、簑島光男(高橋克実)を食事に誘い、居酒屋で酔わせた後に、お金を無心する総務課の藤崎を演じてます。

視聴サービスアフィリ_020


ドラマ『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』(9月20日放送、日本テレビ)

ドラマ_地味にスゴイ! DX 校閲ガール・河野悦子
写真出典 http://www.ntv.co.jp/

このドラマは、去年の 10月5日 ~ 12月7日に放送された『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』の DX(デラックス)版で、サブタイトルは『一夜限りの大復活!夢を叶えた悦子がファッション誌で大暴れ!恋も仕事も強敵出現!
亡き作家が原稿に込めた謎を校閲魂で解け』でした。

主演は前作と同じ、石原さとみ、共演は菅田将暉&木村佳乃&佐野ひなこ&本田翼、他。

視聴率は前作までとは振るわず、10.4% となりました。

あらすじ

河野悦子(石原さとみ)が、悲願であった校閲部からファッション誌『Lassy』編集部への異動も実現し、はや 1年が経ち、折原幸人(菅田将暉)との関係も順調、充実した毎日を送っていました。

そんなある日、『Lassy』編集部に、二階堂凛(木村佳乃)という『スゴ腕の新編集長』が鳴り物入りでやって来ます。

創刊当時からのベテランスタッフのクビを切るなど、新編集長の冷酷なやり方に悦子は猛反発、更には校閲の存在までバカにされ、編集部を追い出されてしまいます。

追い打ちをかけるように、「グラビア系の新人が入った」と会社でも話題になっているほどの、若くて可愛い担当編集者、橘花恋(佐野ひなこ)が新たに幸人につきますが、それが襟刳りの大きい服を着ていることが多く、胸の谷間を露出していて男性の視線を奪っているなど、悦子は気が気でありません。。。

視聴サービスアフィリ_020


ドラマ『わにとかげぎす』(7月19日 ~ 9月27日、TBS)

ドラマ_わにとかげぎす
写真出典 http://www.tbs.co.jp/

このドラマは『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、2006年 ~ 2007年まで連載された古谷実の同名の漫画を原作として、主演をくりぃむしちゅーの有田哲平、共演を本田翼、第37回日本アカデミー賞で優秀脚本賞獲得の高橋泉が脚本で、TBS系『水ドラ!!』枠にて、2017年 7月19日 ~ 9月 27日まで放送された作品です。

なお、主演の有田哲平(くりぃむしちゅー)は、本作が連続ドラマ初主演となります。

あらすじ

深夜のスーパーマーケットで警備員をしていて、『独身・童貞・38歳』の三重苦が揃った富岡ゆうじ(有田哲平)は、日々の生活に疑問と不安を覚え、孤独は罪だと自覚します。

そしてある夜、流れ星に「友達が欲しい」と願うと、リアルに現れたのは、富岡に一目惚れしてしまう謎の隣人女性、羽田梓(本田翼)

ところがその気持ちに全く気付かない『最強に最弱な男』、富岡。

果たして二人の恋は無事、始まるのか?

さらに、人生放浪者と称するホームレスのオヤジ(光石研)の出現や、「お前は一年以内に頭がおかしくなって死ぬ」という謎の脅迫状により、富岡の人生は変わっていくのでした。。。

視聴サービスアフィリ_020


ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(10月4日 ~ 、日本テレビ)

ドラマ_奥様は、取扱い注意
写真出典 https://www.youtube.com

このドラマは、2017年 10月 4日 ~ 12月 6日(予定)で、日本テレビ系『水曜ドラマ』枠で放送されています。
(前番組は『過保護のカホコ』

主演は綾瀬はるか、共演は西島秀俊&広末涼子&本田翼。

原案・脚本は金城一紀。

あらすじ

某国に雇われた特殊工作員という過去を持つ伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、『島田優子』という別の名前を名乗っていたが、その実はボクシング等の格闘技の経験者とも互角以上に渡り合う程の高い身体能力を持ち、日本語のほか複数の言語を話せるスーパーレディーだった。

スパイとしての『スリルに満ち溢れた毎日』を過ごす中、生後間もなく両親に捨てられたため、次第に家族と一緒に暮らす『穏やかな生活』に憧れを抱くようになり、スパイを辞める事を決意、中国での任務で逃走中、川に飛び込んで自殺したかのように見せかけ、組織から足を洗います。

そしてそのまま日本へ帰国、その美貌を活かし、派遣社員として一流企業の受付嬢を始めるのでした。

その後、合コンで知り合った伊佐山勇輝(西島秀俊)に一目惚れして結婚、閑静な高級住宅街の光桜町で新婚生活を送るようになります。

しかし、新婚生活が半年経過する頃には、あれほど憧れていた『平凡な家庭生活』に物足りなくなってしまいますが、そんなある日、隣人の主婦、大原優里(広末涼子)佐藤京子(本田翼)に誘われて料理教室に通うようになります。

この 2人から、今まで縁のなかった『主婦の知恵』についてのアドバイスを受けるようになり、生まれて初めて女友達との友情を育むようになります。

それ以降は共に色々なカルチャースクールに通い、『主婦力』を少しでも向上させようと奮闘していくのですが。。。

視聴サービスアフィリ_020


映画『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』(12月1日公開予定、ワーナー・ブラザース映画)

実写版_鋼の錬金術師

この映画は、『月刊少年ガンガン』で連載されていた、荒川弘の漫画『鋼の錬金術師』を原作として、監督に『ピンポン』で第26回日本アカデミー賞作品賞・優秀監督賞を受賞した曽利文彦、脚本には曽利文彦と『乾杯戦士アフターV』の宮本武史を擁して実写化された作品です。

主演は山田涼介、共演は水石亜飛夢、本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、他。

あらすじ

物体を作り変える術、それが『錬金術』。

錬金術師の兄弟、エドとアルは、死んだ母親を生き返らせようとして失敗、エドは手足を、アルは身体全てを失ってしまう。

そして、失われた身体を取り戻すために絶対に必要なもの、『賢者の石』を求め、兄弟は旅に出たのだった。。。

ばっさーは、リゼンブールの医者の家に生まれたが 8歳の時にイシュヴァールの内乱で両親を失い、以後は祖母のピナコに育てられ、ピナコを師として機械鎧整備士になり、幼馴染みのエルリック兄弟を支えている、ウィンリィ・ロックベルを演じています。

視聴サービスアフィリ_019

【前評判】

メディアシンク株式会社のニュースサイト『デイリーニュースオンライン』によると、外国人設定のキャラクターを日本人俳優で揃えたため、第一報の発表直後からインターネット上では非難が続出しているそうです。

『進撃の巨人』でも、実写版では日本人俳優で揃えた結果、かなりの違和感を感じましたが、こちらはどうでしょうか?


まとめ

2017年のばっさーはドラマ 4つ映画 1つに出演(予定含む)してます。

去年と比べるとドラマが 3つ増えて映画が 1つ減ってますが、どのドラマでも存在感バツグンで、特に『わにとかげぎす』ではいい演技してたな~と思うのは私だけでしょうか?

映画『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』はもうすぐ公開されますが、どうなることでしょうね~?
ばっさーの出演してるシーンがトレイラーで見れますが、ん~可愛い。。。

さて、ばっさーの 2018年の活躍はどうなっているでしょうか?


→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2011年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2012年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2013年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2014年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2015年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2016年 を見る】


この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです。