石原さとみ_030
写真出典 https://tonboeye.com/

こんにちは、Anejo(アネホ)です。

う~ん、「天は二物を与えず」とはよく言ったものですが、彼女の場合はその諺も当てはまらないようですね~!

いまとなっては演技派女優として、そして美貌も兼ね備えた『女優』として不動の地位を獲得した石原さとみですが、現在出演中のドラマ『アンナチュラル』で魅せてくれている最新の髪型が話題となってます。

今までの髪型とどこが違うのか、そしてそのメリットは何なのかについて考えてみたいと思います!


プロフィール

とりあえず、石原さとみのプロフィールを簡単に表示しておきます。
もしもっと詳細を知りたい方はこちらをどうぞ!

→ 【石原さとみのプロフィール詳細 を見る】

職業 女優
本名 石神国子
生年月日 1986年12月24日
出身地 東京都
身長 157cm
体重 45kg(?)
血液型 A型
趣味 料理、テニス、バスケットボール、ヒップホップダンス

『アンナチュラル』の髪型

石原さとみ_032
写真出典 http://www.crank-in.net/

今回のドラマ『アンナチュラル』では、前回の『校閲ガール』のようなオシャレでカジュアルな印象とは違い、『解剖医』という役柄から、清潔さやナチュラルな雰囲気のある女性像にマッチした髪型にしてます。

そんな石原さとみの髪型に憧れを抱く人も多いようなので、どういうポイントを押さえて参考にすると良いか検証してみましょう。


ポイントは 3つ

◆ ラベンダーアッシュカラー
◆ 透け感のあるオルチャンバング
◆ 結んでも清潔感のあるミディアムヘア

この 3つを押さえることで、今回のドラマ『アンナチュラル』の石原さとみ風ヘアに近づけるので、それぞれ細かく見ていきましょう!


ラベンダーアッシュカラー

まず最初に髪色からチェックしましょう。

ドラマ『5時から9時まで』、『ディアシスター』や『地味にスゴイ! 校閲ガール』などの石原さとみの髪色はどれも、ピンクっぽいラベンダー(紫色)が微妙に感じられるアッシュ系のカラーリングが定番になってます。

そして今回のドラマ『アンナチュラル』でも彼女の定番の『ラベンダーアッシュカラー』が使われているので要チェックですね。

なお、アッシュ系のカラーリングのメリットはやはり、ボリューム感を持たせたスタイリングだと「ベタ~」として重くなりがちなのが、かなり軽く出来るという事ですね。

そして完全なピンクではなく、ラベンダーが微妙に感じられる色味という所が、上品に見えるポイントだと思います。


オルチャンバング

今度は前髪について。

『オルチャン』とは、韓国語の『顔』を意味する『オルグル』と『最高』を意味する『チャン』を組み合わせて出来たインターネット造語です。

いわゆる、綺麗で整った顔立ちの美女ではなく、どちらと言うと可愛く愛らしい感じの顔立ちの美女に対して使用することが多いようです。

韓国の綺麗な女性がしてる透け感のある前髪に注目が集まり、日本の若い女性を中心にオルチャンバング = シースルーバングが流行しました。

おでこが「デロ~ン」と出てるんではなく、微妙にたらした前髪のすき間からおでこが見えてる感じ、って事ですね。

今回の石原さとみの新しい髪型も上の画像で分かる通り、シースルーバング、つまり透け感のある色っぽい前髪となってますが、このスタイルの最大のメリットが、『丁度良いおでこ周り』になる事です。

つまり、おでこを完全に隠してしまうと重く感じてしまうし、完全に出してしまうと、人によっては(特に面長の人)間延びしたような感じになってしまいます。

そういう意味では、その中間に位置するシースルーバングは『丁度良い』くて誰でも似合うスタイルと言えるので、ここは押さえておきたいですね。


ミディアムヘア

最後に髪の長さについて。

石原さとみと言えば、アレンジしたヘアスタイルにもよく注目が集まりますが、今回は今までに無かった長さで、やはり『清潔感』を前面に押し出したかったのかな?と思います。

しかし実はこの『ミディアムヘア』『女性が女性らしい雰囲気を一番演出しやすい』と言われてますし、丁度、結んでもバランスが保てるような長さなので、アレンジしやすくオススメな長さです。

こんな感じ
↓ ↓ ↓ ↓

石原さとみ_033
写真出典 http://marsar.club/

この 3つのポイントが今回のドラマ『アンナチュラル』での石原さとみの新しい髪型の特徴なので、それを押さえてスタイリングを決めていけばバッチリですね。


『地味にスゴイ! 校閲ガール』の髪型

石原さとみ_031
写真出典 https://news.walkerplus.com/

ちなみに、河野悦子の役柄は、派手なファッションを好むタイプで、校閲部に配属されたにもかかわらず、地味な仕事とは裏腹にあまり空気を読みませんでしたが、上の画像のような感じでダークブラウンの、ゆる~くウェーブかかったストレートヘアにしてましたね。


『ディア・シスター』の髪型

石原さとみ_035
写真出典 http://www.cinemacafe.net/

これも『シースルーバング』でセミロング、サイドはやっぱり定番の『ふんわりウェーブ』で、長さは鎖骨あたりですね。

髪色もやっぱり定番の『ラベンダーアッシュ』でキマリ!


『5時から9時まで』の髪型

石原さとみ_034
写真出典 https://i0.wp.com/

珍しく前髪なしのセミロングですが、サイドに定番のふんわりしたパーマがかかっているおかげで、アゴのラインがシャープに見えて『ひし形シルエット』になる効果があります。

なお、前髪なしは、石原さとみのような卵型の顔の輪郭の人には似合いますが、面長の人には余計強調されてしまうので、似合わないと思いますのでご注意を。

髪色はやっぱり『ラベンダーアッシュ』ですね!


女子力の代名詞!?

今となってはある意味、

『女子 = 石原さとみ』

みたいなイメージが定着してきたんじゃないかな?と思いますが、そんな彼女の髪型のどんな部分が好評だったかというと、

◆ くせ毛風なゆるふわパーマ
◆ 可愛いアレンジ

だったと思いますが、たしかに以前の 3作の髪型は、彼女にとって一番オーソドックスだったんじゃないでしょうか?

それが、「今回のドラマではチョット変わってきてるぞ!」って事です。


まとめ

以前までは『セミロング』だった石原さとみですが、今回の『アンナチュラル』では

◆ 『ミディアム』に変えてきました。
◆ 同時に、『サイドのゆるふわパーマ』は消え、『ストレート』になりました。
◆ 最近人気の『シースルーバング』は健在です。
◆ 髪色は変えず、『ラベンダーアッシュ』です。

なお、卵型の顔の輪郭の彼女ですから、どんな髪型も似合いますが、前髪なしは面長さんにはオススメ出来ません。

そういう意味でも、前髪だけは『シースルーバング』がオススメですね。


 

この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです。