石原さとみ_024
写真出典 http://www.hochi.co.jp/

こんにちは、Anejo(アネホ)です。

とうとう、「なりたい顔 No.1!」のナンバーワン 3連覇獲得になりましたね。

そんな石原さとみさんについて、プロフィール、2017年に出演したドラマ・映画などを調べてみました。


石原さとみのプロフィール

職業 女優
本名 石神国子
生年月日 1986年12月24日
出身地 東京都
身長 157cm
体重 45kg(?)
血液型 A型
趣味 料理、テニス、バスケットボール、ヒップホップダンス

なお、詳しいプロフィールなど、『石原さとみに関する全て』はこちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓
【プロフィール詳細 – 出演した映画・ドラマなど全て紹介 を見る】


経歴 2017年

次に経歴に行きましょう。


映画『忍びの国』(7月1日公開、東宝)

映画_忍びの国
写真出典 http://movie-runner.com/

この映画は、和田竜による天正伊賀の乱を題材とした小説『忍びの国』を原作として、監督に中村義洋、主演に嵐の大野智によって制作されましたが、脚本が映像にすると 3時間半 ~ 4時間分ぐらいのボリュームだったため、登場人物やシーンを整理して 2時間分におさめたと言います。

石原さとみは、「その腕絶人の域」と評されている伊賀一の忍びと言われている百地家の下人・無門(むもん:大野智)の妻・お国を演じてます。

元々は安芸の国の武家娘で、無門にさらわれて伊賀に来たが「四十貫を稼げるようになるまでは夫婦の契りは結ばない」と無門を家から叩き出してしまいます。

あらすじ

戦国時代、忍びの国として名高い伊賀。

超人的な戦闘能力を誇り、虎狼の族と呼ばれる伊賀忍者の中でも、特に腕の立つという無門(大野智)は、怠惰な日々を過ごしては妻・お国(石原さとみ)に稼ぎのなさを叱責されていました。

ある日、織田信長の次男・信雄(知念侑李)が父ですら手出しするのを恐れていた伊賀への侵攻を、独断で開始します。

無門に弟を殺されて伊賀への復讐を果たそうとする下山平兵衛(鈴木亮平)、伊賀の重鎮・百地三太夫(立川談春)下山甲斐(でんでん)をはじめとする忍者たちの思惑や野望も入り乱れる戦いに、いつしか無門ものみ込まれていってしまいますが。。。

視聴サービスアフィリ_019


ドラマ『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』(9月20日)

ドラマ_地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子
写真出典 http://www.ntv.co.jp/

このドラマは、2016年の 10月5日 ~ 12月7日に放送された『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』の DX(デラックス)版で、サブタイトルは『一夜限りの大復活!夢を叶えた悦子がファッション誌で大暴れ!恋も仕事も強敵出現!亡き作家が原稿に込めた謎を校閲魂で解け』でした。

主演は前作と同じ、石原さとみ、共演は菅田将暉&木村佳乃&佐野ひなこ&本田翼、他。

視聴率は前作までとは振るわず、10.4% となりました。

石原さとみは、悲願だったファッション誌『Lassy』編集部への異動を実現した、元景凡社校閲部員の河野悦子を演じてます。

あらすじ

河野悦子(石原さとみ)は、悲願であった校閲部からファッション誌『Lassy』編集部への異動も実現し、はや 1年が経ち、折原幸人(菅田将暉)との関係も順調、充実した毎日を送っていました。

そんなある日、『Lassy』編集部に、二階堂凛(木村佳乃)という『スゴ腕の新編集長』が鳴り物入りでやって来ます。

創刊当時からのベテランスタッフのクビを切るなど、新編集長の冷酷なやり方に悦子は猛反発、更には校閲の存在までバカにされ、編集部を追い出されてしまいます。

追い打ちをかけるように、「グラビア系の新人が入った」と会社でも話題になっているほどの、若くて可愛い担当編集者、橘花恋(佐野ひなこ)が新たに幸人につきますが、それが襟刳りの大きい服を着ていることが多く、胸の谷間を露出していて男性の視線を奪っているなど、悦子は気が気でありません。。。

視聴サービスアフィリ_020


世界で最も美しい顔100人(12月 27日、TC Candler)

このランキングは、アメリカの映画評論家の TC Candler という男性が運営する個人の映画レビューサイト『TC Candler.com』で毎年発表されているランキングで、日本では『世界で最も美しい顔100人』とも記載されています。

運営者の母国であるアメリカやその他国では個人のブログと同程度の扱いですが、日本ではしばしば新聞社などマスコミで取り上げられます。

石原さとみは、このランキングで 34位に選ばれました。

この年は他にも

◆ サナ(湊﨑紗夏:TWICE):21位
◆ 小松菜奈:38位
◆ 丹羽仁希(Niki):84位

が選ばれてます。


まとめ

2017年の石原さとみはドラマ 1つ映画 1つ に出演してます。

出演数が随分控えめになってきましたが、プライベートに何か変化が有ったのかな?

個人的には『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』がやっぱりイチオシかな。
『世界で最も美しい顔100人』の順位が前年の 6位から大きく後退しましたが、まだ 100位以内に健在ですね。

さて、彼女の 2018年の活躍はどうなっていくんでしょうか?


→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2003年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2004年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2005年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2006年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2007年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2008年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2009年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2010年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2011年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2012年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2013年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2014年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2015年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2016年 を見る】


この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです。