石原さとみ_025
写真出典 http://getnavi.jp/

こんにちは、Anejo(アネホ)です。

綺麗なコなのは勿論ですが、こんな表情もステキですね、いかがでしょうか~!?

いま、「なりたい顔 No.1!」と言われる女優の石原さとみさんについて、プロフィール、2012年に出演したドラマ・映画などを調べてみました。


プロフィール

職業 女優
本名 石神国子
生年月日 1986年12月24日
出身地 東京都
身長 157cm
体重 45kg(?)
血液型 A型
趣味 料理、テニス、バスケットボール、ヒップホップダンス

なお、詳しいプロフィールなど、『石原さとみに関する全て』はこちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓
【プロフィール詳細 – 出演した映画・ドラマなど全て紹介 を見る】


経歴 2012年

次に経歴に行きましょう。


映画『月光ノ仮面』(1月 14日公開、角川映画)

映画_月光ノ仮面
写真出典 http://www.mantenshou.com/

この映画は、古典落語『粗忽長屋』をモチーフにして板尾創路が監督・脚本・主演を務めた作品です。

本作で『板尾創路の脱獄王』に次いで 2作目となります。

石原さとみは、戦死したとされた落語家『森乃家うさぎ』こと岡本太郎(浅野忠信)の許嫁で森乃家一門・天楽師匠(前田吟)の娘・弥生を演じてます。

あらすじ

戦後 2年が過ぎた昭和 22年のある晩、擦り切れた軍服を身に着けた男(板尾創路)がふらりと町に現れます。

彼はいきなり寄席小屋に入って高座に上がってしまったため、噺家たちにつまみ出されてしまいますが、そこに偶然弥生(石原さとみ)が通りかかり、その男こそが戦前に一世を風靡した若手落語家で、彼女の許嫁だった『森乃家うさぎ』だと明言するのでした。。。

視聴サービスアフィリ_019


ドラマ『蛇蝎のごとく』(3月14日放送、テレビ東京)

ドラマ_蛇蝎のごとく
写真出典 https://stat.ameba.jp/

このドラマは、が向田邦子原作、長尾啓司脚本という形で『向田邦子ドラマスペシャル』として制作されました。

石原さとみは、23歳のOL、古田塩子を演じてます。

あらすじ

真面目で正直者の鉄鋼会社部長、古田修司(市村正親)は、娘の塩子(石原さとみ)との事が上手くいかない疲れから、部下の宮本睦子(芦名星)に浮気心を抱いてしまいます。

そんな時、妻・かね子(黒木瞳)から「娘の様子がおかしい」と連絡が入ります。。。

視聴サービスアフィリ_020


舞台『ロミオ&ジュリエット』(4月29日 〜 6月10日 / 赤坂ACTシアター、シアターBRAVA!)

舞台_ロミオ&ジュリエット
写真出典 https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/

この舞台は、ご存知シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を元に現代風にアレンジ、上演台本に青木豪、演出にジョナサン・マンヴィ、主演は佐藤健と石原さとみという形で公演されました。

石原さとみは、ジュリエットを演じてます。

あらすじ

14世紀イタリアの都市ヴェローナ。

この都には、モンタギュー家とキャピュレット家という二つの敵対する名家があり、その争いはしばしば街の平穏を破っていました。

モンタギュー家の一人息子ロミオ(佐藤健)はある夜、友人たちに誘われ、キャピュレット家の仮面舞踏会に忍び込みます。

そこでロミオは可憐な少女ジュリエット(石原さとみ)に出逢い、二人は運命に導かれるかのように瞬く間に恋に落ちるのでした。

しかしジュリエットは、仇敵キャピュレット家の一人娘だったのです。。。

互いが仇同士であることを知った二人は、彼らの恋が暗い闇に覆われていることを察しながらも、その燃え上がる想いを止めることができません。

ロレンス神父(橋本さとし)の助けを得た二人は密かに結婚の誓いを交わし、ロレンスは彼らの純粋な心が両家の争いに終止符を打つことを期待します。

しかし、その直後、ロミオは街頭での争いに巻き込まれ、友人マキューシオ(菅田将暉)を殺された慟哭ゆえ、ジュリエットの従兄弟であるキャピュレット家のティボルト(賀来賢人)を刺し殺してしまいます。

憎しみの連鎖が生んだ暗い渦の中に巻き込まれていくロミオとジュリエットの運命はやがて。。。?


映画『貞子3D』(5月 12日公開、角川映画)

映画_貞子3D
写真出典 http://www.kadokawa-pictures.jp/

この映画は、鈴木光司書き下ろし『エス』を原作とし、『リング』シリーズ完結後の約12年後に製作されました。

『リング』『らせん』『リング2』『リング0 バースデイ』に続く映画シリーズ第5作、そして映画版『らせん』の続編でシリーズ初の3D立体映画(3D/2D同時公開)となりました。

石原さとみは、女子校の教師、鮎川茜を演じてます。

あらすじ

主人公・鮎川茜(石原さとみ)が教師を務める女子高では、ニコニコ動画上で生放送されるという『呪いの動画』が噂になっていました。

動画は、ある男が首を絞められる映像が流れ、最後に「お前じゃない」という声が聞こえ、それと共に閲覧者が死ぬというものでした。

動画は放送後に削除されるも、今なおゲリラ的にウェブ上でアップロードされ続けているといいます。

その動画探しに熱中していた、茜の教え子の一人、森崎典子(喜多陽子)は遂に動画の再生に成功しますが、直後にマンションから転落死してしまいます。

典子の変死事件を担当した刑事の小磯勇吾(田山涼成)中村正彦(高橋努)は、捜査の過程で『呪いの動画』の噂を聞きつけ、やがて動画の閲覧直後に変死した人物が複数いることに気付いた小磯と中村は、動画を最初にアップロードした人物が柏田清司(山本裕典)というアーティストであることを突き止めます。

やがて、典子の友達だった北山理沙(高良光莉)も動画のアクセスに成功し、閲覧に使ったパソコンから女性の怪物が出現するものの、その場に居合わせた茜の悲鳴でパソコンのディスプレイが破壊され、動画の女は「お前だ」という言葉を残して姿を消し、辛うじて難を逃れるのでした。。。

視聴サービスアフィリ_019


ドラマ『リッチマン、プアウーマン』(7月 9日 〜 9月 17日放送、フジテレビ)

ドラマ_リッチマン、プアウーマン
写真出典 http://www.frontierconsul.net/

このドラマは、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』などを手がけ、特定の職業の内実を描く『職業モノ』ドラマに対するセンスの評価が高い増本淳らのプロデュースによる作品です。

石原さとみは、堅実で努力家の東京大学理学部 4年生、夏井真琴(澤木千尋)を演じてます。

あらすじ

日向徹(小栗旬)は若くして時価総額3000億円のベンチャーIT企業『NEXT INNOVATION(ネクスト・イノベーション)』を率いる社長であり、天才と評されるが傍若無人で毀誉褒貶の激しい人物である一方、母に捨てられた心の傷を密かに抱えています。

ある日彼は、自社の会社説明会で、東大生ながら折からの就職難で内定ゼロの就活生女子(石原さとみ)と出会います。

その名は澤木千尋といい、偶然にも彼の探している実母と同姓同名でした。

日向は彼女を自分が力を入れている戸籍情報管理システム『パーソナルファイル』の計画にインターンシップとして参加させます。

しかし彼女の名は実は、偽名でした。。。

視聴サービスアフィリ_020


映画『BUNGO〜ささやかな欲望〜 注文の多い料理店』(9月 29日公開、角川映画)

映画_BUNGO~ささやかな欲望~
写真出典 https://stat.ameba.jp/

この映画は、2010年に TBSや BS-TBSなどで放送された短期ドラマシリーズ『BUNGO -日本文学シネマ-』の映画版です。

昭和を代表する文豪による短編小説 6作品を映画化したオムニバス作品で、3作ずつ『見つめられる淑女たち』と『告白する紳士たち』に分けて2本同時に(ただし、各々別料金で)公開されました。

石原さとみは、愛人の左右吉(宮迫博之)を影で「銀行」と呼んでいる受付嬢、藤子を演じてます。

あらすじ

藤子(石原さとみ)左右吉(宮迫博之)の不倫カップルは、猟の途中、山で迷子になってしまいます。

途方に暮れていた 2人は、森の中に佇むレストラン『山猫軒』を見つけます。

「どなたもどうかお越しください。決して遠慮はありません」
「ことに肥った方や若い方は、大歓迎いたします」

と、店の外に掲げられたメニューに書いてあるのを見た 2人は、奇妙に思いながらもレストランに足を踏み入れますが。。。

視聴サービスアフィリ_019


映画『カラスの親指』(11月 23日公開、20世紀フォックス映画、ファントム・フィルム)

映画_カラスの親指
写真出典 http://movies.foxjapan.com/

この映画は、道尾秀介による推理小説を原作とし、監督は伊藤匡史、主演は阿部寛によって制作されました。

阿部寛が第 55回ブルーリボン賞優秀男優賞、能年玲奈が第 37回報知映画賞新人賞を受賞で話題となりました。

石原さとみは、図体はデカいが気が小さい元イジメられっ子で失業中の時計職人・貫太郎(小柳友)の恋人、河合やひろを演じてます。

あらすじ

タケこと武沢竹夫(阿部寛)はやさぐれたベテランの詐欺師。

元はまっとうなサラリーマンでしたが、闇金の取り立てで職を失った過去を持ちます。

なし崩し的に借金取りにさせられ、ヒグチ(鶴見辰吾)というヤクザに追い込みを命じられますが、その結果、2人の娘を抱えた母親が自殺、良心の呵責からヒグチの持っていたリストを警察に持ち込んだ結果、ヒグチたちは逮捕されたものの、タケは自宅を放火され、幼い娘を失ってしまうのでした。

何もかも失ったタケは自殺を図ろうとするも死にきれず、復讐を恐れ逃げ回る生活を余儀なくされていました。

そんな時、アパートの鍵に接着剤を流し込む悪戯をされて、鍵屋のテツ(入川鉄巳:村上ショージ)がやって来ますが、この悪戯がテツの営業の手口だと見抜いたタケは彼を問い詰めます。

テツは泣きながらお金が欲しくてやったことを告白、同情したタケは鍵開けの腕に惚れたこともあり、意気投合するのでした。

その 2ヵ月後にテツの店は潰れ、タケのアパートに転がりこんできました。

仕方なく一緒に住むことになり、二人はコンビを組んで詐欺商売を重ねますが、競馬場で一仕事を終え、アパートに戻ろうとしたとき、タケの部屋が火事になったことを知り、二人は慌てて逃げ出します。

タケとテツは足立区の南に一軒家を借りて新生活を始めました。

上野での一仕事のあと、二人は仕事に失敗したスリの少女(能年玲奈)を見かけて逃がしてあげますが、その時、その少女の名前を聞いたタケは愕然とします。

なんと、過去に追い込みで自殺に追いやってしまった主婦・河合瑠璃江の娘のまひろでした。

まひろが言うには、今週中に滞った家賃 30万円を払わないと追い出されるらしい。

タケは何かしてやりたいと思い、「もし駄目だったら家に来い」と住所を書いて渡したのでした。

果たして翌週、二人が目覚めると、若い 3人の男女が茶の間に勝手に上がり込んでいます。

それはアパートを追い出されたまひろと、美人だが常識も生活力もない姉のやひろ(石原さとみ)、そしてやひろの恋人で図体はデカいが気が小さい、元イジメられっ子で失業中の時計職人、石屋貫太郎(小柳友)でした。

貧乏人同士助け合おうというタケの提案で 5人は共同生活を始めるのですが。。。

視聴サービスアフィリ_019


舞台『組曲虐殺』(再演、2012年12月7日 〜 2013年2月、天王洲銀河劇場 他)

舞台_組曲虐殺
写真出典 http://blogimg.goo.ne.jp/

この舞台は『蟹工船』など世界的に評価の高い小説を執筆したプロレタリア文学の作家であり、共産主義の活動家でもあった小林多喜二の少年時代を皮切りに、多喜二が 29歳の若さで拷問により虐殺されるまでの 2年 9ヶ月を、井上ひさし作品独自の歌を織り交ぜた形で構成された戯曲です。

なお、初演は 2009年の 10月3日 ~ 11月2日に公演され、今回は 3年ぶりの再演となりました。

石原さとみは、小林多喜二(井上芳雄)の許嫁、田口瀧子役で出演してます。

あらすじ

小林多喜二(井上芳雄)は叔父が営む小樽一のパン屋、小林三ツ星堂パン店に身を寄せています。

多喜二一家は叔父に恩を着せられ、こき使われていましたが、多喜二は働きながら、一番安い『代用パン』が売れ残ることを疑問に思います。

やがて多喜二は、その安い代用パンをやっとの思いで買う貧しい人達からも小銭を奪う世の中の仕組みに気付き、その矛盾を告発するかのように歌います。

時は経ち 14年後、大阪・道頓堀近くの島之内警察署取調室に、特高刑事の古橋鉄雄(山本龍二)山本正(山崎一)が入ってきます。

山本は昨夜、共産主義者の雑誌『戦旗』の講演会に潜入、小林多喜二と思しき弁士を逮捕してきたのでした。

しかし男は完全黙秘です。

そこで神戸から呼ばれて来たのが、共産主義者摘発の手腕を買われてきた腕利きの刑事、古橋でした。。。


まとめ

2012年の石原さとみはドラマ 2つ映画 4つ舞台も 2つ出演してます。

映画 4つはスゴイですが、舞台も 2つとか、尋常じゃないですね。

個人的には『リッチマン、プアウーマン』と、『カラスの親指』がイチオシかな。
(映画の方は彼女の主演じゃないですけどね)

さて、彼女の 2013年の活躍はどうなっているでしょうか?

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2013年 を見る】


→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2003年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2004年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2005年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2006年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2007年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2008年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2009年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2010年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2011年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2014年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2015年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2016年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2017年 を見る】


この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです。