石原さとみ_027
写真出典 https://images.talent-dictionary.com/

こんにちは、Anejo(アネホ)です。

映画にドラマ、そして舞台へと大活躍なのに加え、『世界で最も美しい顔100人』に 2年連続でランキングされるなど、演技力だけでなく美しさにも『磨き』がかかってきてますが、そう思いませんか~!?

いま、「なりたい顔 No.1!」と言われる女優の石原さとみさんについて、プロフィール、2014年に出演したドラマ・映画などを調べてみました。


石原さとみのプロフィール

職業 女優
本名 石神国子
生年月日 1986年12月24日
出身地 東京都
身長 157cm
体重 45kg(?)
血液型 A型
趣味 料理、テニス、バスケットボール、ヒップホップダンス

なお、詳しいプロフィールなど、『石原さとみに関する全て』はこちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓
【プロフィール詳細 – 出演した映画・ドラマなど全て紹介 を見る】


経歴 2014年

次に経歴に行きましょう。


ドラマ『新春ドラマスペシャル “新参者”加賀恭一郎「眠りの森」』(1月2日放送、TBS)

ドラマ_新春ドラマスペシャル 『新参者』加賀恭一郎『眠りの森』
写真出典 https://blogimg.goo.ne.jp/

このドラマは、阿部寛が主人公・加賀恭一郎を演じる 2010年 4月期に同局系列で放送された連続ドラマ『新参者』のシリーズ。

2011年新春放送のスペシャルドラマ『東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画 赤い指〜「新参者」加賀恭一郎再び!』、2012年公開の映画『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』に続く続編となりますが、本作での加賀の設定は『警視庁捜査一課の巡査部長』となっており、『新参者』の時より階級が低かったり(『新参者』では警部補)、『新参者』の時点では既に故人となっている父・隆正(山﨑努)が元気な姿で登場しているなど、時系列的には『新参者』、『赤い指』よりも前の 2007年の出来事として描かれています。

石原さとみは、トップダンサーの高柳亜希子(音月桂)に次ぐ高柳バレエ団のダンサー、浅岡未緒を演じてます。

あらすじ

高柳バレエ団の事務所で男が殺されました。

現場に居合わせたバレリーナ・斎藤葉瑠子(木南晴夏)が被疑者とされ事情聴取を受けますが「不審者から身を守るための正当防衛だった」と主張します。

しかし、被害者の風間利之(内田朝陽)と葉瑠子は面識もなく、プリマの高柳亜希子(音月桂)を中心に、バレエ団側も葉瑠子の証言を疑いません。

石神井北署の太田刑事(榎本明)は、当初この案件にやたらと首を突っ込んでくる加賀恭一郎(阿部寛)に対し冷たい態度を取っていたものの、次第にその捜査姿勢や観察眼に一目置くようになり、2人はパートナーとして捜査を進めるようになっていきます。

捜査を進めていく中で、幾つかの不審点が浮かび上がって来ますが、そうした中、今度はバレエ団の敏腕演出家・梶田康成(平岳大)が毒殺されてしまいます。

果たして、最初の事件と関係があるのでしょうか。。。?

視聴サービスアフィリ_020


ドラマ『失恋ショコラティエ』(1月13日 〜 3月24日放送、フジテレビ)

ドラマ_失恋ショコラティエ
写真出典 http://shitsurenshokoratie9.c.blog.so-net.ne.jp/

このドラマは、水城せとなによる漫画を原作として制作、フジテレビ系の『月9』枠で放送されました。

石原さとみは、小動爽太(松本潤)が15歳のときから片想いをしている高橋紗絵子を演じてます。

あらすじ

高校時代から片思い中の高橋紗絵子(石原さとみ)を振り向かせようとパリに渡った小動爽太(松本潤)は、フランス語も話せないのに、有名チョコレート専門店『ラトゥリエ・ド・ボネール』に押し入り、修業します。

6年後、帰国した爽太は『チョコレート王子』としてマスコミに取り上げられる有名なショコラティエになっていましたが、自分の店の開店準備に追われる中、紗絵子が店に現れ、6年ぶりの再会に爽太は胸が高鳴り。。。

視聴サービスアフィリ_020


カバーガール大賞(3月4日発表、カバーガール大賞実行委員会)

カバーガール大賞
写真出典 http://magazinesummit-jp-420795329.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com/

毎年3月4日の『雑誌の日』を記念として、雑誌の表紙を飾った回数の多かった女性を選ぶ『カバーガール大賞』で、計36誌で、総合大賞に選ばれました。


映画『MONSTERZ モンスターズ』(5月 30日公開、ワーナー・ブラザース映画)

映画_MONSTERZ モンスターズ
写真出典 http://wwws.warnerbros.co.jp/

この映画は、2010年の韓国映画『超能力者(韓国語版)』を原案とするリメイク作品ですが、オリジナル作品とは結末が異なります。

石原さとみは、田中終一(山田孝之)と恋に落ちる女性、雲井叶絵を演じてます。

あらすじ

視界に入った人間を全て意のままに操る事が出来る『男』(藤原竜也)は、その能力故に孤独と絶望の人生を歩んできました。

必要な時だけ自身の能力を発揮して孤独に静かに生きてきた彼の前に自身の能力が効かない、唯一、操れない男・田中終一(山田孝之)が現れてしまい、動揺のあまり、誤って終一の大切な人を殺してしまうのでした。

復讐を果たす決心をした終一と、自分の秘密を知る唯一の人間を不快に思い、抹殺しようと考えている『男』が壮絶な戦いを繰り広げます。。。

視聴サービスアフィリ_019


映画『幕末高校生』(7月 26日公開、東映)

映画_幕末高校生
写真出典 http://livedoor.blogimg.jp/

この映画は、フジテレビ系列で 1994年 1月 15日 ~ 2月 12日まで放送された『ボクたちのドラマシリーズ』の一作に着想を得て制作されました。

石原さとみは、未来から幕末にタイムスリップしてきた高校教師の川辺未香子を演じてます。

あらすじ

江戸時代末期の1868年、国内での無益な戦いを避けるため、西郷隆盛との和平交渉に奔走していた勝海舟(玉木宏)は、未来からやってきたという高校教師の川辺未香子(石原さとみ)と出会います。

西郷からの使者を待つ勝に対し、未来で歴史を教えているという未香子は「和平交渉が行われるから、江戸で戦は起こらない」と言い切りますが、歴史はすでに思わぬ方向へと変わり始めていました。

未香子は同じくタイムスリップしてきたはずの教え子たちを探し、一緒にもといた時代へ帰ろうとしますが。。。

視聴サービスアフィリ_019


ドラマ『ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル「S銅山の女」』(8月16日放送、フジテレビ)

ドラマ_ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル
写真出典 http://trynext.com/

このドラマは、『学校の怪談』など、本当に起こった(とされている)怖い話を集めた朝日新聞出版刊のホラーコミックを基にして制作されました。

石原さとみは、生命保険会社に勤める OL、山辺夏美を演じてます。

あらすじ

取引先から車で帰社していた山辺夏美(石原さとみ)は山道で迷い、荒れ果てた廃墟にたどり着いてしまいます。

S銅山と呼ばれる閉山したこの一帯は、心霊スポットとして有名な場所でしたが、そこを訪れて以来、社内で不思議な現象が次々と起こり始めます。

上司も部下も体調不良を訴え、入院する者まで出てくる羽目に。

再び S銅山を訪れて怪奇現象に終止符を打とうとする夏美に、想像を絶する恐怖が襲いかかる。。。!

視聴サービスアフィリ_020


ドラマ『ディア・シスター』(10月16日 〜 12月18日放送、フジテレビ)

ドラマ_ディア・シスター
写真出典 https://images-na.ssl-images-amazon.com/

このドラマは、

石原さとみは、深沢葉月(松下奈緒)の妹で、男性関係にだらしがなく、部屋も乱雑に散らかり放題で片づけるのが苦手な美咲を演じてます。

あらすじ

区役所で働く綺麗好きの深沢葉月(松下奈緒)が、ある日いつも通り一人暮らしをしている自宅マンションに帰宅すると、玄関に母と思われる靴が脱ぎ捨てられていました。

しかし部屋へ入ると異様に散らかっている状態になっている事に気付きます。

すると6年間音信不通であった妹の美咲(石原さとみ)が大家さんから鍵を借り侵入、寝室で知らない男性とベットを共にしていたのでした。

その後、姉の好きなお酒をプレゼントし勝手に居候を始めます。

一方、これまで散々自分のしようとしていた事を妹に邪魔されていた葉月は、妹を何としても追い出そうと作戦を企てますが失敗に終わります。

それどころか結婚が決まっていた男と美咲が自宅ベッドで寝ていたり、葉月が勤務する区役所に自分の事に関する怪文書が FAXで送られてきたりと再び美咲の手によって散々な目にあっていきます。。。

視聴サービスアフィリ_020


世界で最も美しい顔100人(12月 28日、TC Candler)

このランキングは、アメリカの映画評論家の TC Candler という男性が運営する個人の映画レビューサイト『TC Candler.com』で毎年発表されているランキングで、日本では『世界で最も美しい顔100人』とも記載されています。

運営者の母国であるアメリカやその他国では個人のブログと同程度の扱いですが、日本ではしばしば新聞社などマスコミで取り上げられます。

石原さとみは、このランキングで 25位に選ばれました。

この年は他にも

◆ 桐谷美玲:8位
◆ 佐々木希:43位
◆ 島崎遥香(AKB48):50位

が選ばれてます。


まとめ

2014年の石原さとみはドラマ 4つ映画 2つ に出演してます。

相変わらず、ドラマ 4つとか、スゴイですね。

個人的には『“新参者”加賀恭一郎』がイチオシかな。

さて、彼女の 2015年の活躍はどうなっているでしょうか?

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2015年 を見る】


→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2003年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2004年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2005年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2006年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2007年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2008年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2009年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2010年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2011年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2012年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2013年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2016年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2017年 を見る】


この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです。