石原さとみ_028
写真出典 http://haluroute.com/

こんにちは、Anejo(アネホ)です。

こんな髪型も似合いますよね、いかがでしょうか~!?

いま、「なりたい顔 No.1!」と言われる女優の石原さとみさんについて、プロフィール、2015年に出演したドラマ・映画などを調べてみました。


プロフィール

職業 女優
本名 石神国子
生年月日 1986年12月24日
出身地 東京都
身長 157cm
体重 45kg(?)
血液型 A型
趣味 料理、テニス、バスケットボール、ヒップホップダンス

なお、詳しいプロフィールなど、『石原さとみに関する全て』はこちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓
【プロフィール詳細 – 出演した映画・ドラマなど全て紹介 を見る】


経歴 2015年

次に経歴に行きましょう。


カバーガール大賞(3月4日発表、カバーガール大賞実行委員会)

カバーガール大賞
写真出典 http://magazinesummit-jp-420795329.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com/

毎年3月4日の『雑誌の日』を記念として、雑誌の表紙を飾った回数の多かった女性を選ぶ『カバーガール大賞』で、約26誌で、総合大賞に選ばれる。
(2014年、2015年の 2年連続)


映画『風に立つライオン』(3月14日公開、東宝)

映画_風に立つライオン
写真出典 https://iwiz-movies.c.yimg.jp/

この映画は、さだまさし自身の執筆で書かれた小説を原作とし、監督・三池崇史、主演・大沢たかおによって制作されました。

石原さとみは、ケニア・ロキチョキオにある赤十字戦傷病院に勤める看護師・草野和歌子を演じてます。

あらすじ

1987年、日本人医師・島田航一郎(大沢たかお)は、大学病院からケニアの研究施設に派遣されます。

アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーの自伝に感銘を受け医師を志した航一郎にとって、それは願ってもいないチャンスでした。

しかし、それは恋人との長い別れも意味していました。

父の跡を継ぎ、女医として離島医療に従事する秋島貴子(真木よう子)を遠く日本に残さなければならなかったのです。

ケニアの地で航一郎は、理想を胸に研究と臨床の充実した日々を送ります。

そして半年後、現地の赤十字病院から 1カ月の派遣要請を受け、それに応じます。

そこで航一郎が目にしたのは、重傷を負って次々と運ばれてくる少年兵でした。

彼らは皆、麻薬を打たれ、戦場に発たされていたのです。

航一郎はその事実に愕然としながらも、病院への転籍を志願します。

過酷な状況下においても航一郎は生き生きと働き、医療団の厚い信頼を得ていました。

そんな折、病院に看護師・草野和歌子(石原さとみ)が派遣されてきて、航一郎とぶつかり合いながらも互いに認め合っていくのでした。。。

視聴サービスアフィリ_019


映画『進撃の巨人』(8月1日・9月19日連続公開、東宝)

映画_進撃の巨人
写真出典 http://lifepages.jp/

この映画は、前後篇 2部作にて公開されました。

8月 1日に公開された前篇タイトルは『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』、9月19日に公開された後篇タイトルは『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』でした。

監督は樋口真嗣、脚本は映画評論家の町山智浩と実写映画版『GANTZ』を手がけた渡辺雄介が共同担当しました。

石原さとみは、キャラの中でもかなり異端な存在、ハンジ役を演じてます。

あらすじ

100年以上前、突如現れた巨人に人類はほとんど喰われ、生き残った者たちは高い壁を三重に築いて巨人の侵入を防ぎ、平和に暮らしていました。

主人公、エレン・イェーガー(三浦春馬)は幼少期に両親を亡くし、仕事を転々としながら壁の外に憧れを持って生きていました。

エレンにはミカサ・アッカーマン(水原希子)アルミン・アルレルト(本郷奏多)という親友がいました。

エレンはよく丘の上の不発弾のもとで、壁の中でしか生きられない自分たちの境遇を二人に嘆いていました。

そんなある日、壁の外にあると言い伝えられている『海』を見たいと思ったエレンは、ミカサとアルミンを連れて壁を乗り越えようとしますが、警護隊に見つかり、阻止されます。

しかしその時、大きな地響きが聞こえ、壁が崩れ始め、轟音とうなり声と共に壁よりも大きな巨人が現れたのです。

大型巨人は壁を蹴って壊し、その穴が開いた所から巨人たちが次々と壁の内側へ入ってきました。。。

視聴サービスアフィリ_019


ドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(10月12日 〜 12月14日、フジテレビ系)

ドラマ_5→9~私に恋したお坊さん~
写真出典 http://xoxoxo.weblike.jp/

このドラマは、相原実貴による漫画を原作として、『5→9〜私に恋したお坊さん〜』のタイトルでテレビドラマ化されました。

石原さとみは、上智大学を卒業後、外資系証券会社に就職、3年後に英会話学校の非常勤講師に転職した桜庭潤子を演じてます。

月9ドラマ初主演。

あらすじ

海外ドラマのような生活を夢見ている、英会話講師の桜庭潤子(石原さとみ)

27歳の誕生日を境になぜか次々と異性から好意を寄せられるものの、なんの因果か毛嫌いしていた見合い相手の僧侶、星川高嶺(山下智久)と関係を持ってしまう。

「深く結ばれた間柄なら結婚は当然の成りゆき」

と主張する星川だったが、仕事のスキルアップと海外生活を夢見る潤子には、どうしても星川と結婚し『寺の嫁』になることが受け入れられません。

潤子が複数の男性達との恋に悩んでいる一方、友人で同じく英会話講師の山淵百絵(高梨臨)は彼氏いない歴=年齢の処女であることに悩んでいました。

クールだと誤解される性格はただ不器用なだけで、恋人など一生できないだろうと諦めながらもオタクな趣味を日々の糧にしていたのでした。

そんな折に、美形英会話講師のアーサー・ラング(速水もこみち)に趣味を知られ、同時に優しいと評判だった彼が腹黒なことを知ってしまった百絵は、互いの秘密を守ることと引き換えに表向きだけ恋人を演じるはめになってしまいます。。。

視聴サービスアフィリ_020


世界で最も美しい顔100人(12月 27日、TC Candler)

このランキングは、アメリカの映画評論家の TC Candler という男性が運営する個人の映画レビューサイト『TC Candler.com』で毎年発表されているランキングで、日本では『世界で最も美しい顔100人』とも記載されています。

運営者の母国であるアメリカやその他国では個人のブログと同程度の扱いですが、日本ではしばしば新聞社などマスコミで取り上げられます。

石原さとみは、このランキングで 19位に選ばれました。

この年は他にも

◆ 桐谷美玲:31位
◆ 島崎遥香(AKB48):74位
◆ 佐々木希:84位

が選ばれてます。


まとめ

2015年の石原さとみはドラマ 1つ映画 2つ に出演してます。

ドラマが 1つに減ったのはどうしちゃったのかな?

まぁ、『世界で最も美しい顔100人』が 2013年が 32位、2014年が 25位、そして 2015年が 19位と、毎年順位を上げてますから大したもんですが。

さて、この年の映画・ドラマの中で個人的には『風に立つライオン』がイチオシかな。
(彼女の主演じゃないですけどね)

さて、彼女の 2016年の活躍はどうなっているでしょうか?

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2016年 を見る】


→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2003年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2004年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2005年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2006年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2007年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2008年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2009年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2010年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2011年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2012年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2013年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2014年 を見る】

→ 【出演した映画・ドラマなど経歴 2017年 を見る】


この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです。