2015.07.15 鈴木尚広 ポルト実践塾_title

こんにちは、Anejo(アネホ)です。

今日は何を隠そう、年に一度の Amazon最大のセール♪プライムデーの日です。

私は出品者として利用してますが、出品者もこのセールの恩恵をしっかりと受けられて、今日だけは販売単価がいつもよりも高くなるんです!

普段利用してる人もそうでない人も、本当にオトクで年に何回も開催出来ない内容のセールなので、この機会に是非利用してみてくださいね!

さて、今日はそんな Amazonでもできる転売ですが、その転売系でも海外輸出の高額塾をレビューします。


販売者情報(※ 特定商取り引き記載無し)

【販売者名】鈴木尚広

【販売ページ】http://realandnet.co.jp/bubble-export/

【連絡先】

  • info@cassia-ex.jp

【価格】

  • 298,000円

※ 特定商取り引き記載が無いですが、販売ページのドメインがリアランドネットですから、あの有本周平さんが思いっきり絡んでるのは間違い無いですね。


ポルト実践塾とは?

ツールを使って仕入れて、海外に輸出転売するといったノウハウの高額塾です。

今回の無料オファーの時点では、

『増税×円安=年商 1億円バブル到来!』

みたいなキャッチコピーでオファーが来てました。

つまり、

  • 円安だから安く日本で仕入れて、海外で高く売る →
  • 海外輸出転売することによって、増税で上がった消費税分は申請をすれば免税が受けられる →
  • 免税分が更に売り上げに上乗せされるから海外輸出の大チャンス!

と謳ってます。

たしかに、円安のおかげで輸出産業全体が調子いいのはウソではありません。

ですが、その好景気に便乗して海外輸出転売のジャンルをネットビジネスでやってみて、果たして成功するかどうか?というのは別問題です。

 

そもそも、輸出に限らず、転売系のジャンルを選ぶこと自体に、どんなリスクがあるか?という事ぐらいは知っておくべきです。

そして、リスクがあるのを承知の上で、敢えてこのジャンルの高額塾に入塾することが、どれだけ無意味でリスクに輪をかけてしまっているか?という事を理解してください。

まぁ、ハナから全否定になってしまって申し訳ないですが、

  • 無料オファーから高額塾に発展する流れ
  • レターの誇大広告の数々
  • LPではなく、販売ページにすら特定商取り引き記載が無い
  • そもそも、仕入れに一定の投資が必要な転売というジャンルには、塾に投資する意味が無い

これらの事を考え合わせただけで、この商材は『有り得ない』です。

まぁ、上で挙げたことについて理解出来ない人のために、詳しく説明していきましょう。

 

無料オファーから高額塾に発展する流れ

今回のオファーの後ろに控えている株式会社リアランドネットの有本周平さんは、少し前にも転売系ノウハウの無用オファーを出してます。

上の記事では、最近の流行ってる

  • まずは無料オファーで人の注目を集め、
  • 動画を何回か観させてその気にさせて、
  • 最後に高額塾、もしくは高額商材を売りつける!

といった商売の典型と言っておきましたが、実際は

  • その上さらに超高額バックエンドを売りつける!

が追加されてて、非常に危険なオファーだという事が判ってます。

なんせ、 30万ほどのバックエンドが控えていて、さらには 100万近くものバックエンドさえ準備されてたんですから!

そんな人が深く関わってるオファーなので、今回もご多聞に漏れず、同じ経路を辿ると思います。苦笑

 

レターの誇大広告の数々

先述したとおり、『円安増税の追い風』というのは確かに有りますが、それは大規模にやってる一企業ならの話で、実は一個人が受ける影響などホボ皆無に等しく、これをキャッチコピーにするあたりがオカシイいんです。

 

コピーに注意

そして、『3つの宣言』とか言っちゃってますが、これって、ビジネスの世界で唯一拠り所となる『保証』とは違ったもので、単なる口約束レベル。

宣言通りに行かなくても、クレームする時にこんな事を拠り所にしようとしても、結局は口約束ですからキッパリ跳ね除けられます。

 

シミュレーションだって?

そもそも、シミュレーションって、どんなロジックで稼るのか?そしてその稼ぎは毎月、どういう展開で増えていくのか?って事を書くもののハズなんです。

ところが、

あなたは南の島でトロピカルフルーツを飲みながら
注文メールを見ながらニヤニヤしていてください。

ですからね。

 

カリキュラムでは言ってる事が違う

最初のコピーに、

「強制的に成功しかありえない環境を手にする」

みたいな事を謳ってたんですが、カリキュラムの流れの説明ではかなり尻つぼみ状態になって、個人差の生まれそうなカリキュラムになってます。

 

結局、全自動でもなくて、自身の目利きも養わなきゃいけないようです。

これ、ツールを使っててもですよ?

でも、これが本来の姿であって、ホントの話なんです。

でも冒頭で語っているコピーは、単純に初心者を惹き寄せる為だけの『嘘』ということになりますね。

 

AmaGraph

これ、動画の中でインタビューアーとして出演してた有本周平さんが過去販売してた商材に付いてたツールですが、結局、初心者には扱いにくいシロモノです。

詳しくは上の記事をご覧になってください。

そして、今回のオファーでは、「直感で儲かる商品が見つかる」と言ってますが、ここが要注意!

これは「簡単に見つかる」という意味で捉える人が大多数でしょうが、実は「直感で探せ!」つまり「自分の目利きを働かせろ!」と言ってるワケです。

初心者に目利きを期待してどーすんの?って思いますが。苦笑

 

販売ページにすら特定商取り引き記載が無い

これ、販売者としてのモラルの問題を越えてます。

ハッキリ言えることは、この商材を買った場合、どんな事があっても何も保証されないという事です。

何か買うときは、必ず『特定商取り引き法に基く表記』の有無を確認してください。

無かったら絶対、買っちゃいけませんよ!


まとめ

そもそも、輸出入ビジネスは、ネットビジネス初心者が簡単に手を出せるジャンルではありません。

今回売り込んでいるツールも、結局は利用者の目利きに依存する部分が大きいので、初心者向きではありません。

そういうものを誰彼構わず、というか、初心者をターゲットにして売る姿勢には驚きを隠せません。

販売者は特定商取り引き法に関する表記をしておらず、これでは消費者が泣き寝入りするしか有りません。

そしてインタビューアーたちの黒歴史を考えた場合、決して近付いてはいけない商材と言えます。

誰かが『人柱』になってくれたら、どんだけヤバいか判るんですが。笑


初心者こそ、きちんと王道を目指すべき

さて、ではどうしたら良いか?

初心者のあなたに今いちばん必要な事は、ネットビジネスの中でいちばんリスクの少ない

アフィリエイトの王道手法・スキル、そしてと知識

を身に着けることです。

そして、決して楽して稼ぐことは出来ないということに気付いてほしいですね。

 

まずは知識を得る事が肝心です。

ネットビジネスにおける王道の手法に力を注ぐことをオススメします。



 

この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです。